HOME » 介護施設 その2
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


道面義雄ブログ 日本和装ホールディングス 取締役
道面義雄ブログ

サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2018.2.10 0:39:04 読者の皆さまへ

明日(土曜日)も、介護施設の見学に行きます。

 

 

前回、伺った施設は、聖路加国際病院と提携している施設です。

 

 

この建物です。

 

 

父のためにと見学に行っていますが、聞くのと見るのとの違いを感じています。

 

 

自分ならどこに入りたいか?それを基準に見ています。

 

 

この聖路加系の施設(聖路加レジデンス)の強みは、同系の病院と直結しているという点です。つまり、必ず同病院に入院できるという強みです。しかしながら、入所金は、ざっくりとした金額ですが、約3億円です。

 

 

しかも、現在満室です。そして入所条件は、65歳以上という条件です。

 

 

 

よくよく話を聞いてみると、借地権の問題があって、そうなっているようです。

 

 

管理費の他、朝、昼、夜の食事は、毎回別途料金が必要です。棟内には、専用のクリニックがありますが、治療は、原則的に病院でとのこと。

 

 

月島(明石)という好立地です。

 

 

そして、この施設は、要介護の人は契約できません。事前審査の段階で、人間ドックを受ける必要があり、それにパスした高齢者という意味です。

 

 

確かに、そういう介護が必要な人が、増えれば、増えるほど、経営を圧迫します。スタッフの人件費を考慮した金額設定だそうです。

 

 

結論ですが、この施設は、老人施設ではなく、聖路加レジデンスは、いざという時の介護サービス付き 元気な高級高齢者”超高級”賃貸施設=レジデンスです。

 

 

ここは論外でしたが、こういう施設の仲介サービスも、これからの時代に必要ではないか?そう思いながら見学をしています。

 

 

 

















きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2018年2月
« 1月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM