HOME » 和装振興協議会
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2017.11.14 1:08:02 読者の皆さまへ

経済産業省の「和装振興協議会」の会議に行きました。

 

 

 

 

 

 

 

この会議は、年に2回開催されており、11月15日を「きものの日」として、今日は、経済産業省の職員など、約50名が和装で仕事をしておられるそうです。素晴らしい取り組みだと思います。

 

 

 

こうして、国が動いています。きものが流行る日は近いと感じています。

 

 

 

この会議では、作家の又吉さんをはじめ、委員のメーカー組合、小売組合などから様々な意見がありましたが、きものを着る人が増え、売れるようになれば、すべて解決する問題だと思いました。

 

 

 

さて、きものを着る人を増やす、弊社の着付け教室の来年春の教室の受講希望者募集CMの「日本和装CMインターネット総選挙」がスタートしました。受講料は無料です。

 

 

 

こちらから投票していただけます。

 

 

 

この総選挙は、13日15時にオープンしたのですが、初日だけで、10,497票の投票をいただいています。

 

 

 

広く拡散して欲しいと思っていますので、どうぞ拡散協力をお願いします。どなた様でもご投票いただけます。投票のログは残りません。お気軽に投票してください。

 

 

 

もちろん、このCMの目的は、来春の受講者募集です。お申し込みは、インターネット(http://www.wasou.com)か、お電話で、どうぞ! 0120-154-829  です。

 

 

<説明>

このCMの中に、「必死のパッチ」というコメントがありますが、これは、関西エリアで使われる「一所懸命」の最上級語。自分がいかに精一杯やっているかをアピールするのに使われる言葉。パッチ(ももひき)を履く暇もないほど精一杯やっているという意味とのこと。笑

 

 















きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM