HOME » 試験的運用
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime

NPO和服を世界遺産にするための全国会議主催の「黒紋付会&新年会」では、下記のサービスを検討しています。

 

 

脱ぎっぱなしサービスです。

 

 

 

某業者様にご協力をいただいて、こんなサービスを試験的に実施してみようと思っています。これが上手く運用出来れば、男きものの普及に役立つと思っています。料金は現在検討中で未定です。

 

 

 

昨夜も、蒲田村(当社の寮)で一杯飲んで帰りましたが、社員達は、とても楽しくしているようでした。共同生活ですので、問題も発生する可能性はありますが、寂しくないという点は大きいと思います。

 

 

 

役員達には、行く時には何か持って行くように伝えています。この何か?ですが「花より団子」と伝えています。つまり、米、パン、お酒、という意味です。現金も垢抜けた差し入れだと思います。<笑>

 

 

 

 

着物業界への道 No.6

 

 

北部九州に拠点を設けた後、鹿児島へ行こうかどうしようか?と考えていた頃です。当時は、九州新幹線がなく、鹿児島まで行くのに時間が掛かっていました。どうしようか?と悩んだ末、大阪への進出を決めました。

 

 

当時、長女2歳、次女4ヵ月という環境でした。

 

 

 

どうしても京都を開拓したく、京都では教室は無理だろうが、大阪は人口も多いし大阪で教室を開けば、京都の加盟店開拓も出来る。それより、この事業を九州だけで終わらせたくない!と大阪行きを決意しました。当時31歳

 

 

 

家内にも話しをし、買ったばかりの小さな新築マンションは、そのままにして大阪行きを決め、風邪をひいて熱がある子供達を車に乗せて大阪へ向かいました。

 

 

 

いまでも家内が言うのですが、いよいよ大阪に入る阪神高速の梅田出口のビルの真ん中を突き抜けた時のことを思い出します。そんな道の作りは見たことがなかったので、それが印象的でした。

 

 

 

そこから京都開拓を開始しました。

 

 

 

大阪到着の2日後の事務所開きの日は、あの阪神淡路大震災でした。

 

 

 

 

 

















きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM