HOME » 小児科医療
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime

「激録!救命救急24時」 という番組を見ました。その番組の小児科救命救急の場面を見て胸が熱くなりました。

 

 

 

その他、脳内動脈瘤の手術を成功した医師と家族の会話で、医師の ”この瞬間が医者をやっていて良かったと思う” というコメント、どれも素晴らしいと思いました。

 

 

 

以前にも記載しましたが、医師や医療機関の格付け(ステイタス)を設けるべきだと思います。

 

 

 

命に直接関わる治療を行う医師や医療機関ほど各上のステイタス=高い診療報酬 にしないと、彼らは浮かばれないと思います。

 

 

 

 

政治家がもっとリーダーシップを発揮して取り組むべきです。

 

 

 

しかし、最近の前原大臣の発言を聞いていると、今後も期待出来ない気がしています。<悲>

 

 

 

 

人生の岐路  パート 20

 

 

株式上場準備、これを綴ると色んなことを思い出します。 ビジネスの中でも大きな岐路だったと思います。

 

 

 

私は、実家が小さな事業をやっていましたので、幼いころから ”領収証ください” という言葉には慣れていました。これは、経費処理に必要だということです。こんな感覚もあって、会社と個人を別けるのが大変でした。

 

 

 

 

 

そこで、まず車を個人名義に変えることから始めたように記憶しています。私が生きていることのすべてが経費と考えていた時代もありましたので、簡単なようで難しいことでした。

 

 

 

 

 

バカバカしいことですが、これはどっちだろう?と独り言を言って勘定をする場面もたくさんありました。

 

 

 

 

 

こんな風だから、この株式上場には数年を要す=数年の様子を見る ことになっているのだと思い知りました。

 

 

 

パブリックカンパニーになるということは、他人様のお金を預かる、それを預かれる体質にするという意味です。そう簡単なものではありませんでした。

 

 

 

法令順守、金銭管理、支出&収入予算の管理、当たり前のことを、より一層強化する仕組み作りを考えた時期でした。

 

 

 

 

平成15年の夏に株式上場へ向けて舵をきり、平成18年夏までの約3年間は、この株式上場のことで必死でした。

 

 

 

 

この3年間で失った大切な幹部社員もいます。噂には聞いていましたが、株式上場準備は、心身の限界に達するようなものだと思います。

















きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2018年1月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM