HOME » 13. 7月 2017
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2017.7.13 18:36:10 読者の皆さまへ

先日、吉田学校(新人研修)の卒業式を行いました。

 

 

 

 

当社では、吉田学校の研修(新人研修)を受講しなければ、仕事に就かせないというルールです。

 

 

 

更に、当社では新勢力の社員グループ「新勢力群」を立ち上げることにしました。

 

 

 

新勢力群?これは、社内の呼び方ですので分かり難いのですが、近い将来、幹部社員、役員になりたいという社員を立候補で募り、現幹部社員がコーチ役になり指導する「当社のこれからの30年を創るプロジェクト」です。

 

 

 

この立候補には、社内(グループ社員可)から1名の推薦人が必要で、その推薦人と役員が面談して決定し、新勢力の教育を開始するというものです。つまり、推薦人も重要な役割があり、いい加減な推薦はできない仕組みです。

 

 

 

数年前に実施した役員選挙では、社外やお取引先様の推薦も必要という仕組でしたが、今回の場合、推薦することで有利、不利になる利害関係者の推薦は受けられない仕組みにしています。

 

 

 

教育を受ける新勢力に合格した社員には、現幹部社員の(コーチ役)を解任できる仕組みにしており、指導する側も、指導される側も真剣勝負という仕組みです。

 

 

 

この立候補は、新人も可能です。パート社員も可能です。ただし、新人とパート社員の場合、人事考課のデータがないので、推薦人の面談と、本人面談の両方が必要です。

 

 

 

この教育は、本人の意思でいつでも脱退ができ、反対に復活も可能(再度推薦人の面談が必要)、そういう仕組みで進めて行こうと考えています。

 

 

 

どうしてそういうことをするのか?という質問を受けました。若い人(社歴が短い社員も若い人と位置づけ) の力を発揮できるような組織にしたいと考えており、いまの幹部達の優れた部分をコーチ役として伝えて育てる、そうして組織の実力を上げていくためにやりたいと考えています。

 

 

 

今月14日の午後から立候補の受付を開始する予定です。だれが立候補し、それを誰が推薦したかという情報を社内で公表します。7月20日午前9:00が締め切りの予定です。

 

 

 

これからの30年後を見据えたプロジェクトです。誰かにやらされる仕事ではダメだと思っており、無限大の可能性を引き出すプロジェクトの進捗状況を、このブログでも綴って行きたいと考えています。

 

 

 















きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2017年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM