HOME » 6月 2015
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2015.6.25 10:37:58 読者の皆さまへ

ブリリアンツ全国大会のヘアメイクは、7月1日から予約受付をスタートします。予約は、こんな画面です。

 

 

 

 

 

 

 

8月5日と8月6日の両日ご希望の場合、2回手続きが必要です。お電話での受付はしておりませんので、あらかじめご了承ください。

 

 

 

今回は、お振込みだけでなく、クレジットカードなどもご利用いただけます。

 

 

 

「日本和装ブリリアンツ2015」で検索してください。

 

 

 

 

お客様の声の新ページ開設予定

 

 

当社には、お客様からお喜びの声が毎日届きます。これは、とても社員達の励みになっており、それをご紹介するページを設ける準備をしています。例えば、このようなご意見です。

 

 

 

 

 

もちろん、厳しい貴重なご意見をいただくこともありますが、このコーナーでは、お喜びのご意見を紹介するコーナーにする方針です。

 

 

 

 


2015.6.25 1:32:57 読者の皆さまへ

夏に向けて外国人向けの着付け教室を開講する計画です。

 

 

 

 

PDFファイルは、こちらから☞浴衣教室 ご覧いただけます。

 

 

 

日本に住む外国人に日本の文化を身近なものに感じてもらうプロジェクトです。

 

 

 

今日は、次女と飲みに行きました。20歳を超えているので、イギリス、オーストラリア、日本では飲酒は出来ますが、アメリカでは、あと1年(正確には3ヵ月)待たなければ飲酒は出来ません。

 

 

 

楽しく飲んで帰宅しました。私は、とても幸せです。飲み過ぎにつき、今夜は休ませてもらいます。

 

 

 

 

 


2015.6.23 22:50:25 読者の皆さまへ

「男きもの着付け教室」の開講を計画しています。

 

 

 

粋な浴衣の着方、きものの常識/非常識、普段着の着方、ヤクザな着方、正装について、初級編は3回を予定しており、1,000円/回を予定しています。

 

 

 

男きもの専門店SAMURAIのお客様の声

 

 

その1

30代男性がご来店。お仕事で来月海外へ行かれるとのこと。日本人として、着物を着たいと思っているとのことでした。袷の着物はお持ちとの事でした。夏の着物を思案中だとのことで、夏物をご覧になっていました。薄い羽織の生地を見ながら、本当に日本人の作るものは素晴らしい。とあらためて思うとのことでした。日本人は、もっと着物を着ないといけないと思うということでした。さりげなく、かっこよく、粋に着こなしたいとのことでした。

 

 

その2

浴衣を探しているという60歳代のお客様がご来店。会社がお近くとのことでした。浴衣を扱っていない事と、お召しになるならかっこ良く夏の着物を着て欲しいです。と申し上げると、その方が確かにきちんとした感じがするね〜と、夏着物をご覧になってくださいました。ダンディな雰囲気のお客様でしたので、少し濃い色目の着物をご紹介しました。鏡で合わせると確かに粋で、とてもかっこいい感じでした。そう申し上げると「上手いね〜」とおっしゃっりながらも、なかなかいいね〜。とのお言葉が出て、その後、帯び合わせまでコーディネートさせていただきました。博多織の新作の帯をご覧になって、やはりいい物はいいね〜ということで、よし!これで行こう。とおっしゃっていただきました。採寸をさせていただきながら、着物を買うつもりじゃなかったんだけれどね。と笑っていらっしゃいました。帰り間際には楽しみにしているから。とおっしゃってお帰りになりました。

 

 


2015.6.20 18:45:43 読者の皆さまへ

ブリリアンツ全国大会のご案内を22日に発送します。

 

 

 

 

 

PDFファイルは、こちら→エントリーA3です。

 

 

 

 

19日は、橋下徹後援会の講演会と懇親会に出席しました。この後援会も12月で解散になるそうです。引退する橋下市長の話しを聞きましたが、やはり大阪は、大きな人材を失うと思います。

 

 

 

 

 

何度考えても、東京のオリンピック、大阪の都構想で日本全体を盛り上げる必要があったと思います。

 

 

 

 

橋下徹後援会では、撮影、録音が禁止でしたので、これは、講演会が始まる前の様子です。☞こちらからご覧いただけます。

 

 

 

新聞発表では1,000名でしたが、会場には2,000名はいたと思います。しかし、橋下市長の配慮は素晴らしいです。この会場での写真は、後日ダウンロードが出来るような仕組みになっています。

 

 

 

男きもの専門店SAMURAIのお客様の声

 

 

ご夫婦でご来店のお客様。奥様は着物をお召しになっていらっしゃいました。ご主人の浴衣をお探しとの事でしたが、当店では扱っていない事をご説明し、夏の着物の説明させていただきました。奥様が外に出かけるのだったら、着物が便利かもね、とおっしゃっていました。浴衣じゃお祭りだけよ。と付け加えられ、ご主人も納得されていました。奥様がセットがあるんですね。と夏きものをご覧いただきました。そのコーナーに夏の薄羽織を見つけられ、こんなに薄いのがあるんですね〜と熱心にご覧になっていました。自分も欲しいくらい、とおっしゃりながら、男の人の物も今は種類が増えてきたんですね。とおっしゃっていました。いろいろある事が分かったので、また検討して来ます。とお帰りになりました。(2015/6/19 報告書より引用)

 

 

 

 


2015.6.19 14:19:03 読者の皆さまへ

当社のグループ戦略の1つ「男きもの」は、各産地と協議しながら新商品を開発しています。

 

 

 

今回は、米沢紬の産地と協力して、その打ち出し方を考えました。

 

 

 

 

当社グループが考えたストーリーは、米沢紬を開拓したとされる上杉鷹山「なせばなる・・・」の歴史を参考に「普男着」という名称を考え、昨日、特許庁に商標登録を申請しました。コンセプトはこちら→米沢紬コンセプト

 

 

 

 

「きものの日」制定に向けて盛り上がってきました。和装関連株も軒並み上昇しているようです。着物を着ている人は、社会的なステイタスも高い、そんな流れになると思っています。

 

 

 

 

男きもの専門店SAMURAIのお客様の声

 

 

ネットでHPを見て金額の安さを自分の目で確かめようと男性1名でご来店。隅々まで見て、今日は足袋だけということで、2足ご購入いただきました。もうお一人のお客様は、数日前に店の前を通り時間が出来たので、とのことでご来店いただきました。安いので揃えたいということになり、奥様にお電話をされて、その後は、すべて一式揃えるので選んでほしいとおっしゃられ、これから着たいとのことでしたので、単衣をおすすめしました。ご自身でお選びいただいたのは、羽織ひものみで、10分で、9点揃えました。着物はまったくの初心者で、奥様も着物は着ないそうです。出来上がった際に、ここで着付けをして、歌舞伎を見にいきたいとおっしゃっていました。買うと決めたら、いっさい金額も聞かずに決められました。急ぎで仕上げるように手配して、進捗状況をメールでご案内するようにしました。
やはり、全体的に金額が安いという認識は持っていただいたようです。男性の中には、他店と比べても、商品も見やすく、素晴らしいとのお声をいただきました。(昨年4月21日 報告書より引用)

 

 

 

この男きもの専門店SAMURAIを運営する、当社のグループ会社「はかた匠工芸」は上場一周年を迎えます。当社は10周年です。

 

 

 


次ページへ »













きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM