HOME » 5月 2015
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2015.5.23 13:38:30 読者の皆さまへ

家内が先月末から子供達のところに行っており、今朝、カナダのバンクーバーに着いたようです。

 

 

楽しそうな顔です。

 

 

今回は、通訳代わりにロンドンから次女を引き連れており、次女も弟たちの学校訪問や生活環境を視察しているようです。このカナダへ行っている末っ子は、まだ留学2ヵ月程度ですが、写真ではたくましくなったように見えます。

 

 

 

その家内がいない今、長女が私と犬の世話をしてくれており、昨日は、facebookにもアップした弁当まで作ってくれました。

 

 

5万円のフランス料理より美味しい!とメッセージを送る。

 

 

 

さて、先日の「本加賀友禅の会」の写真です。ピンボケ、重複は、出来るだけ整理したつもりです。ご覧ください。

尚、削除のご依頼は、m.tanaka@wasou.comまでお願いします。

 

 

 

15日宿泊のお客様  http://30d.jp/wasou/4

16日宿泊のお客様  http://30d.jp/wasou/5

17日宿泊のお客様  http://30d.jp/wasou/6

 

 

細心の注意を払っていますが、万が一のことを想定し、ウイルス対策ソフトをインストールの上、ダウンロードをお願いします。

 

 


2015.5.21 17:09:04 読者の皆さまへ

着物業界に朗報です。あのフェラガモが着物を使った製品を販売するようです。

 

 

 

PDFファイルは、こちら☞PDFフェラガモ

 

 

 

当社も、あのハリーウインストンが店の内装に「帯」を使っていただける寸前まで行ったことがあります。しかし、その話しが流れてしまいましたので、この朗報は、自分のことのようにとても嬉しく思っています。

 

 

 

 

着物と畳は、日本から無くなってはいけないものです。英知を絞って残さなければいけないと思っています。

 

 

 

九州地区で放送されたことで、男きもの専門店SAMURAIに数十件のお問い合わせが入っているようです。

 

 

番組は、こちらからご覧いただけます。

 

 

 

何でもやってみなければ分からない、私はそんな考え方です。

 

 


2015.5.21 8:50:41 読者の皆さまへ

更新が遅れました。16日、17日、18日で開催した「本加賀友禅の会」は、たくさんのお客様にご来場いただき、無事に終了いたしました。

 

 

写真は、現在準備中ですので、もう少しお待ちください。

 

 

 

10月15日に予定しております「本加賀友禅を着る会」も楽しみにしております。

 

 

 

<大阪都構想について>

18日の深夜、橋下徹氏が率いる大阪維新の会と、自民、公明、民主、公明の実質4対1の戦いは、その他大勢の勝利(反対多数)となりました。ここ数日、後味が悪く何となくスッキリしません。明治維新以降、この日本が大きく変わるチャンスを逃したような気がしています。そして、何よりも有能な政治家を失った失望感は隠せません。

 

 

 

 


2015.5.17 9:11:24 読者の皆さまへ

本加賀友禅の会2日目の様子です。

 

 

おかげさまで、今年のご参加者数は、昨年の約1,4倍となっており、土曜日にご到着のお客様が一番多く、昨夜の宴会も盛り上がりました。噂によると3次会までやった・・・という話しでした。

 

 

NWB48(日本和装ボーイス)と記念撮影

 

 

 

こんな衣装をどこで調達してくるのか?と不思議に思っています。

 

 

 

各日程で撮影したお写真は、月曜日以降に、このブログからダウンロード出来るようにいたします。お楽しみに!

 

 

 

今朝の北國新聞の記事です。

 

 

 

さあ、いよいよ本日、いわゆる「大阪都」構想の住民投票です。昨夜、少し時間があったので、大阪都構想「反対派」の意見を調べてみました。

 

 

 

大阪がなくなる

私は、東京で暮らして20年を越えましたが、どこに住んでいるの?と聞かれた場合、「東京」と答えます。23区に住んでいるか周辺地域に住んでいるか?と大別されるだけです。つまり「大阪市」という表記は一切必要ないと思います。大阪に住んでいた時に、大阪府大阪市と2つ同じ文字を書く方が面倒だと感じていました。

 

 

二重行政

反対派は二重行政はない!と断言していますが、知事も市長も経験した橋下市長が言っているので、それは間違いだと思います。それより、あそこまで必死にやっている市長を疑うのは間違いだと強く思います。ご本人もご家族も命懸けだと思います。こんなこと誰も出来ません。

 

 

収入が減る

元々赤字の大阪市が”収入減る”という説明自体がおかしな話しだと思います。いまのままだと、もっと収入が減ると思います。破綻の恐れもあると感じます。

 

 

住民サービスが低下する

バス、電車が無料で乗れる高齢者用の無料サービスが一部有料化されたようですが、赤字の市町村なら、一部ではなく完全に有償化すべきです。お年寄りの交通費くらい、身内の若者が出すべきだと思います。

 

 

 

600億円超の初期投資が必要

自分達が多くの失敗をしたから、その仕組みを作り替えるのための初期費用だと思います。歴代の失敗した市長知事が、少し出しても良い費用だと思います。この投資で行政が変わるなら安いものだと思います。改革を実行し、不要な補助金を止めたら捻出できる金額だと感じます。

 

 

元に戻れない

やってみてダメなら、他の仕組みを考えれば良いと思います。ダメな元(いまの大阪市)に戻っても意味がないと感じます。

 

 

 

どちらにしても、今夜には投票結果が判明する問題ですが、賛成票が多く投じられることを祈っています。何よりも、橋下徹氏のような政治家を辞めさせたら西日本の汚点になると思います。

 

 

 


2015.5.16 9:10:57 読者の皆さまへ

昨日から本加賀ツアーがスタートしました。あの名旅館「加賀屋」での実技検定もスタートしています。

 

 

 

今朝の北國新聞に掲載された記事です。

 

 

 

 

 

毎年恒例の宴会では、またもや、とんでもないことになってしまいました。<苦>

 

 

とても気持ち悪いですが、お客様に楽しんでいただこうという気持ちだけは理解してやってください。<涙>

 

 

 

さて、いよいよ明日は、いわゆる「大阪都構想」の住民投票です。本当は、大阪へ行きたかったのですが、仕事の都合で行けません。橋下市長率いる賛成派が勝つことを祈っています。

 

 

橋下徹後援会に入会して応援しています。

 

 

 

大都市「大阪」を作り、日本のツインエンジンの1つとして発展させるには、この都構想しかないと思います。政治家の既得権と心中するは、あの大阪が終わってしまうと思います。

 

 

 


« 前ページへ次ページへ »















きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2015年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM