HOME » 2月 2015
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2015.2.28 10:24:36 読者の皆さまへ

当社の企業理念は、「人の喜ぶとところに栄えあり」です。

 

企業理念ポスター

 

 

ブリリアンツ地区大会は、今日の名古屋会場で最後です。

 

 

 

先日の東京会場は、とても盛り上がりました。

SAMURAIのお客様(男性)が、8名様もご出場いただいたのも大きな要因でした。

 

 

 

SAMURAIの皆様の動画は、こちらからご覧いただけます。

 

 

 

なお、東京会場の写真は、日本和装オフィシャルサイトでもご覧いただけます。こちらからどうぞ!ダウンロードも可能です。

東京会場の動画は、こちらからご覧いただけます。

 

 

 

 

この名古屋会場が終わると、全国大会出場者様による「インターネット総選挙」の準備に取り掛かります。その受賞者の皆様の写真撮影を計画しており、それを5月末頃(予定)からインターネット総選挙を計画しています。お楽しみに!

 

 

 

 

 

社員への思い  大嶋貴◯江

 

当社の教室を卒業して面接に来てくれた社員の一人です。当社の求人情報が出るのを待っていた!と入社して、もう15年以上勤続してくれているベテラン社員です。和裁の技術者でもあり、自動車なら何でも運転可能という器用な人です。名古屋の超高層マンションの一部屋を自分で購入して暮らしている独身セレブな彼女です。

また、この彼女に当社の事業内容などの話しをさせると右に出る社員はいない!と言っても過言ではありません。講師の良い相談相手になっている彼女は、当社では必要不可欠な人材の一人です。

そろそろ約束のアウディ買った・・・という報告を期待しています。<笑>

 

 

 


2015.2.23 11:22:00 読者の皆さまへ

茨城県結城市(手織里)へ行って来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

世界遺産となった結城紬、超高級織物の1つです。こういう文化を絶やしてはいけないと思います。何か企画したいと思っています。

 

 

 

さて、わが家の次男殿、今朝から整形外科へ行きました。骨折した指を手術する可能性があるそうです。指が曲がったままでは問題があると思いますし、仕方がないと諦めています。<涙>

 

 

 

わが家では、あの子だけケガをすることが多く、私は、占いなど何も信じていませんが、つい、つい、私があの子の誕生日を決めた(帝王切開)からケガが多いのかな〜と思ってしまいます。

 

 

 

社員への思い  古川◯代

 

数字のことは、彼女に聞くのが一番という社員です。パート社員ではありますが、もう10年以上当社に勤務してくれており、細かい数字をコツコツとやってくれています。そして、この古川は、吉田家で40年以上勤めてくれています。最初は、伯父さんの会社、次は兄の会社、そして当社です。当社だけで十数年ですので、吉田家のこともよく知ってくれている大切な社員です。組織変更、社名変更、人の入れ替わり、そんなこともよく見て来ただろうと思いますし、よく辛抱して勤務してくれていると思います。26日は、母の三回忌ですので、伯父さん達に彼女の頑張りを話そうと思っています。

 

 

 


2015.2.22 13:27:58 読者の皆さまへ

明日、2月23日より二次募集がスタートします。オフィシャルWebサイトでご確認ください。

 

 

 

また、3月上旬に二次募集の折り込みチラシを配布する予定です。

 

 

 

Webサイトの「教室の詳細」→「教室日程」→「◎か◯」が表示されている教室をお選びいただいてお申し込みください。もちろん、フリーダイヤルでも可能です。丁寧にご案内させていただきます。0120-154-829 まで。

 

 

 

今月26日は、亡き母の三回忌です。もう三回忌だと思うと、何か胸が熱くなります。

 

 

 

亡き母の教えは沢山ありますが、私が一番覚えている言葉は、「鶏口となるも牛後となるなかれ」です。意味がよく分からなかった頃、豚のしっぽより鶏の頭よ!といつも言われていました。

 

 

 

学生の頃、私が学校で問題を起すと、家で母に必ず聞かれていたのは「やらさられたのか?やったのか?」という言葉でした。正直に「俺がやった・・・」というと、もう後は私が話すので黙ってなさい・・・という言葉でした。

 

 

 

私は、母にだけは嘘をついたことがなく、母は安心してなのか?やったと告白している私のことを、全くやっていない!と学校で話すのです。この人は、頭がおかしいのか?と思った程でした。

 

 

 

もうこんな嘘を母につかせる訳にはいかないと、少し改心した記憶があります。親は、亡くしてみてはじめて、そのありがたみが分かるように思います。

 

 

 

 

社員への思い  安田◯美

 

姓名をすべて記載すると問題があるのでは?と意見がありましたので、一文字だけ◯を入れています。

 

入社して14年、デザイン畑を歩んでくれた彼女です。KOSODEをわが子のように思ってくれており、KOSODEのことになると若干熱くなる女性幹部社員です。

しかし、彼女は、どんなに忙しくても怒鳴ったり、機嫌が悪い雰囲気を出しません。私が思い付いたことを、車の中や自宅からと電話すると、面倒くさがらずに丁寧に聞いてくれ、電話の最後に必ず「お電話ありがとうございました」と言ってくれるのです。2年や3年なら誤魔化しも出来るでしょうが、14年間は出来ないと思います。ごねん、15年だったかな〜?

現在、社内の色々なことを知っている経験を買われ、総務担当部長に抜擢されて、なお忙しくなっています。

ニックネームは、”ピヨン”ですが、社内でそう呼ぶのは私だけです。このニックネームの理由は、いつも忙しく、ピヨン、ピヨンと社内を動いているからです。仕事は速く、頭も良く、クリエイティブな能力も抜群です。これからも期待しています。

 

 

 

前号の熊野は、この人です。姓名を記載するより、なおまずいですよね〜

 

 

 

 


2015.2.20 20:01:46 読者の皆さまへ

黒紋付会のポスターパネルを発注しました。25日のブリリアンツ地区大会に間に合うように発注しています。

 

 

 

NPO和服を世界遺産にするための全国会議

 

 

 

この時の様子が「美しいキモノ」に掲載されました。

 

 

 

 

わが家の次男(末っ子)は、4月上旬からカナダへ留学します。帰りのチケットの予約案を聞くと12月末とのことでした。

 

 

 

家内が寂しいだろうな〜と心配していましたが、既にロンドンの次女から来て欲しいとの要請が出ているらしく、次男の出発後にロンドンへ行くようです。

 

 

その次男、今日は学校で手の指を骨折したらしく、いま病院へ行っているそうです。こんな時は、家内の病院ネットワークが役に立ちます。電話一本で何でも受付けてくれる世界です。<笑>

 

 

 

カナダで一人でやっていけるのかな〜?と親の心配は尽きません。

 

 

 

社員への思い  熊野博子

 

当社の東京の教室の第一期生(平成8年)です。その後、当社で働くことを話し合ったのが、人形町のアップルという喫茶店でした。彼女は、私が飲みに誘って1回しか断ったことがなく、その時の話しをすると、”私は断っていません。家に帰りました・・・”と言っただけです!と、いつも強く反発します。<笑>

とても頭の回転が良く、数字に明るい、約束はキッチリとした女性です。これは、彼女が社内の福利厚生制度を利用していた時の話しですが、1回の遅れもなくキッチリ完了してくれていました。そんな信用、信頼が出来るベテラン社員の1人です。

 

飲み会の誘いは、いつも突然です。家に帰ったと聞いたので、じゃー良いよ、と私が気を遣っただけです。化粧も落としていたと思いましたしね〜<笑>

 

 

 


2015.2.17 0:40:35 読者の皆さまへ

2月25日開催予定のブリリアンツ地区大会東京会場は、お申し込み者数が500名を突破しました。

 

 

 

これは、新記録(レコード)です。ありがとうございます。

 

 

 

 

また、団体戦9組、キモノマン8名と沢山のお申し込みをいただいています。団体戦の中の1組は男性チームです。

 

 

 

明日、東京会場(目黒雅叙園)を下見して参ります。観覧のお客様のご対応をどうさせていただくか考えて参ります。

 

 

 

 

さて、今後の会報誌「KOSODE」のあり方をどうするか?と社内で議論した結果、KOSODEをWeb化することに決めました。

 

 

 

KOSODEは書店にも並べました。しかし、世界中でご覧いただく為にはどうするか?と社内の会議「小袖会議」で議論した結果、4月号よりインターネット版で発行することに決定しました。

 

 

 

勇気をもって「会報誌」という枠を超え、女性に限らず男性にも楽しんで頂けるようなWebページにして行きたいと決断しました。

今後のKOSODEにご期待ください。

 

 

 

 

この「YOSHIDA’Sブログ」ですが、2007年8月にスタートして8年が経ちます。検索エンジンでは「日本和装口コミ」「日本和装評判」と競る勢いで検索いただいています。

 

 

 

このブログを続けさせていただく理由は、会社の宣伝という意味もありますが、何より退職した社員達、大切な社員達のご家族、そして、海外に住む私の子供達に、私が元気で過ごしている・・・と伝えたいと思い続けています。

 

 

 

これからも続けて行きたいと思っておりますので、よろしくお願いします。が、最近のアクセス数のライバルは「うん、うん、それっていいね!」です。

 

 

 

 

ライバルは「ちえりん」です。

 

 

 

1日1,000件以上のアクセスがあるそうです。確かに楽しい記事も満載ですし、全国の応援団の皆さんが、自由に投稿出来るのは魅力になっていると思います。

 

 

 

このページに負けないようにアップして行きま〜す。

 

 

 


次ページへ »











きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2015年2月
« 1月   3月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
232425262728  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM