HOME » 11月 2014
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2014.11.25 12:50:57 読者の皆さまへ

昨日からスタートした「8人会」の研修は2日目です。

 

 

 

今朝は、8時から本社でスタートしました。

 

 

 

 

リーダーを育成する。そんな研修のスタートだと思っています。

 

 

 

理想の上司とは?嫌いな上司とは?そんな質問をしていると、耳が痛い内容もあります。

 

 

嫌いな上司は?

・面倒なことを下に押し付ける人

・感情の起伏が激しい人

・段取りが悪い人

・矛盾している人

・話しに内容がない人

・役職者の言いなりになる人

・指示がない人

・決断が遅い人

・メールの返信が遅い人

・スケジュール感がない人

・答えが出せない人

・説明が下手な人

・会議の内容を現場に伝えない人

・電話が長い人

・計画性がない人

・怒る人

・仕事が終わって指示をする人

 

 

こんな意見が出ました。この社員達には、「人のふり見て我がふり直せ」の言葉通りだと伝えています。社長もね〜と言われそうですが・・・。<笑>

 

 

 

 


2014.11.25 7:10:44 読者の皆さまへ

先週、お正月用及びブログ用の写真撮影を行いました。

 

 

 

 

 

美人カメラマン↑から撮られるのは、若干恥ずかしく、目力ください!顎をひいて、歯を見せて、そのまま力強く・・・と、約5時間に渡る撮影を実施しました。

 

 

 

 

 

黒紋付、色紋付を着ての撮影

 

 

 

 

カジュアルウエアーでの撮影

 

 

 

年々撮影する種類が増えていますが、私は紋付での撮影が一番難しく、下手をすると七五三のような写真になるのが怖く、今年は、私の希望でVシネマバージョンをお願いしました。<笑>

 

 

 

多くの男性は、男らしい雰囲気を撮りたいものだと思います。その黒紋付の写真が出来上がりましたら、このブログでの掲載したいと思っています。

 

 

 

 

あっ、そうです、先週のラジオ番組の録音バージョンです。こちら☜からお聞きいただけます。

 

 

 


2014.11.23 22:51:44 読者の皆さまへ

第四子の末っ子次男に、来年3月の中学卒業後、日本の最北端から最南端への旅を言い付けました。

 

 

彼は、中学卒業後に9月から海外へ留学したいという希望があるようで、それであれば、日本のことを知って行くよう、父親として言付けました。

 

 

 

本音は、心が砕けるほど心配です。しかし、これから海外で生きて行く上でも必要なことだと思っており、心を鬼にして言付けています。

 

 

 

末っ子というのは、私も同じ立場でしたが、何か自信を付けなればいけません。そこで考えたのが一人旅です。背丈は180センチ近くありますので、まさか中学生の家出だとは思われないと思います。

 

 

 

色々な人と出会い、様々な経験を積むことが出来ればと願い、その無事を祈る思いです。

 

 

日程は未定ですが、まず東京を出て宗谷岬からスタートするように伝えています。そこから、北海道を周り、東北地区へ向かうようなスケジュールです。

 

 

幸い末っ子は、余計な教育費が掛からない親孝行な息子ですので、この程度の費用は、学習塾の費用に比べればと思っています。

 

 

 

私から出している条件は、バックは1つ、飛行機は3回だけの利用、新幹線は不可、野宿禁止という条件です。

 

 

そんなことを話した日曜日でした。

 

 


2014.11.23 11:50:56 読者の皆さまへ

明日から役員5人で分担して社員研修をスタートします。

 

 

5人の役員全員が8名づつを指名して1つのグループを作り、担当役員の得意分野を活かした研修を実施します。

 

 

 

私は、「8人会」という名前を付けた研修を明日からスタートします。

 

 

 

こういう研修を通じて、わが社の将来を担う人材を育てたいと考えています。

 

 


2014.11.13 15:23:46 読者の皆さまへ

私が小学生の頃、父の親友で拓殖大学の応援団出身の方がいました。そのおじさんと父は、ひ〜さん、よ〜さん、と呼び合うような仲でした。

 

 

 

ある事情があり、その人の息子さんをしばらく家で預かっていたのですが、時々おじさんが家に来ては、彼と近くのレストランに連れて行ってくれ、美味しいものご馳走になりました。

 

 

 

ある時、そのおじさんから、もし、お前がオヤジに向かって行っても、お前は絶対に勝てないと言われたことがあります。なぜならば、お前のオヤジは、そういう時に死を覚悟するからだ!と言われたことがあります。

 

 

 

その頃は、私は小学生でしたので、その意味がよく分からなかったのですが、私も中学3年生、高校3年生の息子を持つようになり、その意味が分かるようになった気がします。

 

 

 

私の父は「武士は食わねど高楊枝」というタイプの人で、経済的に良い時も、悪い時も、何も変わらない人です。どちらかと言うと、SAMURAIタイプの九州男児です。真に覚悟のある人です。その意味だと最近は分かるようになったように思います。

 

 

 

命懸けであれば何でも出来る、そういう覚悟をすれば、どんなことにも屈しない、昔からそういう精神が日本にはあると思います。それが、わが国の強さの1つだとも思います。

 

 

 

その父も84歳の誕生日を迎え、介護施設付き自立型マンションの契約を終えました。約1年2ヵ月に及ぶ説得に、ようやく応じてくれました。

 

 

 

この契約日には、家内のアイデアで管理事務所に依頼して特別に表札を入れてもらいました。これは、父に契約を意識してもらう為にやったことですが、契約の前は、嫌だ、もったいない、と言いながら、最近は、毎日のように行っているようです。

 

 

 

棟内のレストランでは、大好きなお酒も飲めるし、3食昼寝付です。施設の皆様にも、とても良くしてもらっているようで、自宅と行ったり来たりしているようです。

 

 

 

 

 

 

SAMURAI銀座店の烽火です!

 

 

店頭の「勇気をもって入ってみてください」このコピーは、私のアイデアです。どうですか?是非どうぞ!

 

 

 


次ページへ »













きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2014年11月
« 10月   12月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM