HOME » 5月 2014
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2014.5.14 2:27:58 読者の皆さまへ

モエ・エ・シャンドンの工場へ行きました。

 

 

 

ネット環境が悪く、今夜はここまでにします。

 

 

 

皆さん、楽しんで頂いています。

 

 

 

 


2014.5.13 15:43:23 読者の皆さまへ

当社のメインイベント「遊々会」がパリからスタートしました。

 

 

 

昨夜の晩餐会では、皆さん着物で出席され地元メディアが取材に来るほどのものでした。

 

 

 

 

 

ホテルオーナーと一緒に全員で記念撮影!

 

 

 

 


2014.5.12 9:56:16 読者の皆さまへ

当社は、来年度から新卒説明会を積極的に実施する予定です。これは、先日の部長会(経営会議)で決定した内容で、来年度から新卒者を積極的に採用します。

 

 

 

偶然、私の娘もその年齢ですので、どういう新卒を当社の理想にしているかと考えてみました。

 

 

 

まず、理想とは逆に欲しくない人物像としては、就職しなければいけないと考えている人、学んで来た事と全く畑違いである人、上場会社を基準に選んでいる人、こんな人材は欲しくありません。

 

 

 

ニートやフリーターという言葉が流行りましたので、アルバイトがいけないようなイメージになりましたが、私は、アルバイトと契約社員と社員の違いがよく分かりません。社員は責任が重いからかでしょうか?入社書類に保証人が記載してあるからでしょうか?

 

 

 

ちゃんと就職しなさい!こうして伝えるのが、親の仕事の1つだとも思いますが、やりたいことを見つけるのに時間が必要であっても良いと思うのです。

 

 

 

学生時代に、やりたいことが見つからず、アルバイトをしながら、こんなことをしていて御社に出会った、そんなことを面接で言われると、即採用してしまうように思います。

 

 

 

理想と現実は違う、とりあえず働いてみると自然に合うようになる、新卒として働いていないとブランクになる、そんな人生のどこが良いのでしょう。そうやって結婚もするのでしょうか?私は違うと思います。

 

 

しかし、出逢いは様々でも必死になってやれる仕事が見つかった、全身全霊をもって打ち込めるものが見つかった、そんな人生の方が良いと思うのです。

 

 

 

この会社、この人、この職種、と何かなければ、一度しかない人生の大切な時間を無駄にしているに違いありません。

 

 

 

10代後半や20歳代前半の1年や2年は、どうでも良い時間だと思うのです。それより、とりあえず就職したが1年で辞めた、その方がダメだと思います。企業にとっても、1年〜2年での退職は、一番経費の無駄使いです。学生諸君、やりたいこと見つけるために必死になれ!

 

 

 

さて、今からパリへ向かいます。

 

 

 

既に、9月のニューヨーク遊々会の準備も進んでいます。きもので世界を魅了する!これが、当社の今年のテーマです。

 

 

 

男きもの専門店SAMURAIですが、今月17日にテレビ局の取材予定が入っているようです。店長達からの報告によると、お客様から”宣伝しているのか?”とのお声も多いそうで、テレビCMも検討中です。

 

 

 

まず、この幟(のぼり)を製作中です。

 

 

 

 

 


2014.5.12 0:08:46 読者の皆さまへ

久しぶりに娘に厳しいことを伝えました。

 

 

 

帰宅すると、どうも家の中の様子(家内と娘の様子)がおかしい。しかし、ここで何か言うといけない・・・。そんな空気の中で、大学とアルバイトに頑張っている娘の前に座り、一杯飲みながら世間話し。その話題は、アルバイト先の話しでした。

 

 

 

真剣にやっている様子は、親の私にも十分に伝わって来るのですが、何かしっくり来ない内容でしたので、少し強い口調で ”あんた、あれで真剣に仕事してると思っているの?” と伝えました。

 

 

 

私は、娘の誘いもあり、時々彼女のアルバイト先に行きます。もちろん、色々と言ったことはありません。お客様に笑顔で応対している彼女の姿も知っています。しかし、癖で、ここをこうしたらもっと良いのに・・・と思っていました。

 

 

 

それを、1つ1つ言うと、若い娘の耳には入らないと控えていました。

 

 

 

その娘が、ある友達から”バイトなのに、どうしてそんなに一生懸命やるの?”と言われたようで、私は、その言葉で遂に切れました。

 

 

 

自分で見つけたお店で、自分で面接に行って働かせてもらい、お金をもらっているんだよね?お給料は3ヵ月以上遅れているの?自分の希望で、そのお店に行かせてもらっているんだよね?ふざけるな?そんなクズを基準にするな?と怒鳴り上げてしまいました。

 

 

 

アルバイトといえども、働かせてもらいお給料をいただくんだ、時間が来たら終わり、時間が来るまで我慢する、そんなクズを基準に考えてはいけない、そんなくだらない時間を過ごすのも間違いだ。

 

 

 

やるなら、やらせてもらえるなら、一生懸命にお店の売上に繋がることを必死に考えて、それを実行する。それが当たり前であって、この社会の中で、そんなクズを基準に考えてはいけない!お父さんの顔に泥を塗るのか?とまで伝えてしまいました。<涙>

 

 

 

お店の前には、紙くずは落ちているし、トイレにも配慮はない、手書きの看板にも魂が入っていない、もっと美味しいものも出せるはずだ!そんなので仕事しているようなことを言うな!と心を鬼にして伝えました。

 

 

 

娘は、涙ぐみながら黙って私の話しを聞き、しばらくたって、そうだよね、私が間違っていた・・・と言い、朝からアルバイトへ行きました。

 

 

 

 

そして、午後に娘から電話があり、今日は「母の日」だから、私が予約するので、夕方家族で食事に行こう!と誘いの電話がありました。

 

 

 

そして、その食事代は娘が払ってくれたのです。4人分でしたので2万円を超えてしまい、初めて娘に自分で働いたお金で御馳走になりました。換算すると2,5日分になるだろうな〜と思いながら、とても美味しい、今までに味わったことのない夕食でした。私は、涙が出そうでした。

 

 

 

 

 

 

 

その食事が終わり、アルバイト先のお店に夜の貸し切りの予約が入っていたようで、お店のスタッフが足らないので・・・と、またアルバイトへ戻りました。

 

 

 

少しでも人のお役に立つこと、人から必要とされること、更に必要とされるように進化して行くこと、そんなことを心を鬼にして教えたい、そう覚悟を決めた夜でした。

 

 

 

今夜の食事は、いつも食べているお店ではありましたが、今夜だけは格別な味でした。ダイエット中の家内も、今日だけは・・・と、いつもの2倍は食べていたようでした。<笑>

 

 

 

偶然にも、家内と娘のギクシャクも同じ内容だったようで、すべて解決した夜でした。スッキリして、明日からパリの遊々会へ向かいます。

 

 

 


2014.5.10 23:16:24 読者の皆さまへ

昨夜、期末テストの勉強をしていた中学3年になる末っ子と話しをしました。

 

 

 

やはり、高校から海外へ出たいそうです。その決意は固いようで、最終的には、カリフォルニアに留学している長男と相談して留学する先を決めるようです。

 

 

 

彼の夢を聞くと、多くの人が喜んで使う”物”を作りたいということでした。それが何か?を見つけに行きたいと”夢”を聞きました。ついこの前まで小さな子供だった彼を、昨夜は大きく感じた夜でした。

 

 

 

今年の夏休みに下見に行き、来年3月末から出発の計画です。

 

 

 

次朗、お前が自分で決めたことだ、何でも応援してやるので、しっかりやれ!と言ってやりました。

 

 

 

私は、理科や数学の勉強も大切ですが、色々な社会を身をもって勉強すること、空気を読み、勘を働かせるような大人になることが重要だと思っています。

 

 

 

そうなると、わが家は、夫婦と長女と犬2匹の3人暮らしです。真剣に家の改築を考えなければいけません。何でも手が届く様なアパートのような家が理想です。

 

 

 

最近、相続のことで相談を受けることが多く、日本の税制では3代続けるのは難しい気がします。究極の相続は、息子達から私の財産のすべてを買い上げてもらうこと、これが私の希望する相続です。<難>

 

 

 


« 前ページへ次ページへ »















きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2014年5月
« 4月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM