HOME » 5月 2012
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2012.5.31 11:12:45 読者の皆さまへ

毎月、月末には個人の支払いをします。電話代、車の整備費用など、個人でもたくさんの支払いがあります。

 

 

 

各支払いが終わると、その請求書に「済」2012 05 31 と、私が手書きで記載します。

 

 

 

今日もいつものように済ませて、この「済」と書く理由を思い出していました。

 

 

 

昔は、会社の支払い一覧表に「済」と押すことが、もう嬉しくて、嬉しくて・・・。○○銀行 借入金、●●クレジット、と今では考えられないほどの利息だったと思います。

 

 

 

これは、私の師匠でもある兄から教わった「済」印商法なんです。

 

 

 

これが押せる喜びを感じていた頃を忘れずに、今からの生活をしたいと考えた月末でした。

 

 

 

さて、新企画「男ものスペシャリスト講座」いよいよ6月5日が第一次締切りです。みなさん奮ってお申し込みください。

 

 

 

この講座は、過去のブリリアンツ入賞者優先ですので、この枠がなくなり次第締切らせていただきます。

 

 

 

 

また、その他の希望者の方には、枠があまり次第、このブログでお知らせしますので、少々お待ちください。

 

 


2012.5.29 21:23:11 読者の皆さまへ

延期した予定より1日早く帰国します。

 

 

 

これは、バンコクで配る求人広告のチラシです。

 

 

 

 

 

こんなのはどうか?あんなのはどうか?とアイデアを振り絞っています。

 

 

 

私の仕事は、乾いた雑巾から一滴の水を絞り出すようなものだと思っています。乾いていても何かある、そんな気持ちで取り組んでいます。

 

 

 

さて、約6年間お世話になった「ジャスダック市場」での当社株式の取引がなくなり、昨日から東証のみになりました。

 

 

 

今から6時間の旅です。いま腰を少々痛めており、日本で降りてからが心配です。<苦>

 

 


2012.5.26 19:12:38 読者の皆さまへ

読売新聞国際版でこんな記事を見つけました。

 

 

画像をクリックすると拡大します。

 

 

海外に居て、こんな勇敢な日本人の記事を見ると、何より嬉しく誇りに思います。これと、こんな報道をする新聞社にも感激しています。

 

 

犯人が近くにいるかもしれない中、自らが危ない状態にあるにも関わらず、人命救助にあたる医師の姿、これぞ人だと思います。ニッポン万歳!

 

 

 

私は、いまの日本には、勇敢な人を賞賛するようなことが少ないと思います。どうしようもない政治家などどうでも良いので、そういう市民を絶賛すべきです。

 

 

 

ソフトバンクの孫社長の個人資産を100億円寄付、更に生涯の役員報酬をすべて寄付、これはもう話題から消えている気がします。

 

 

100億円とは想像を超える巨額な寄付ですし、1,000万円の寄付でも窓口で一瞬考えてしまうのに、それを自らやられることを、もっと、もっと、勇敢だと報道すべきです。

 

 

 

ゴシップが大好き、他人の悪口、他人の名誉を平気で傷つける掲示板、それを記載したのが元社員と発覚する時代です。

 

 

 

そんなことをする人が非難される時代になることが、明日の日本を創ると思います。その元社員も改心して、早く人のために生きて欲しいと願っています。

 

 

 

KOSODEイベントお申し込み状況

 

遊々会サマー 1,696名

夏着物 957名

本藍染 967名

大島紬 449名

合計 4,069名 (2012 05 26  19:20現在)

 

 

沢山のお申し込み、ありがとうございます。

 

 


2012.5.24 13:34:56 読者の皆さまへ

海外携帯は安い!と調子に乗ってしまい、日本と変わらない請求が来てしまいました。

 

 

 

海外への電話が無駄でした。この表示はバーツです。

 

 

 

そこで、携帯電話会社に相談したところ、海外電話をかける際、最初に「+」ではなく「00500」や「009」を付けてから国番号へと進めると良いそうです。料金は半額ほどになるようです。

 

 

 

私は、こういう無駄が一番腹が立ちます。

 

 

 

 

またまたメインステージに仕事の依頼です。早く「コンポジットシート」(モデルひとり一人が持つ自己宣伝用のシート)を作るべきでした。しかし、これからですね。

 

 

今回の依頼は、某大手携帯ゲーム会社のテレビCM出演依頼です。登録者に配信したところ、即20名の応募があったようです。今回は上手く行きますように・・・とバンコクから祈っています。

 

 

 

それから、来月には当社のCMのオーディションを予定しています。今回は100名様と考えており、そんな企画を考案中です。

 

 

 

私は、お客様であり、株主様であり、当社の宣伝者でもある、こういう形が会社経営の理想としています。最新情報は、このブログで先行お知らせをしますので、時々チェックをお願いします。

尚、過去に出演された方も対象です。

 

 

 

<40歳代~50歳代の女性の魅力> その3 最終回

 

私が考える40歳代〜50歳代とは、その前後5歳を含んでいます。分かり易く表現するために40〜50としています。

 

 

その世代の「厚かましさを魅力」として使って欲しいのです。例えば、生きて来られた中で、色々な経験をされて社会的にも十分なお立場をもっておられます。そして、何事にも動じない強さと理屈をお持ちだと思います。

 

 

つまり、若年層にはない正統な「理屈」と「理論」があると思うのです。それを間違った方向に使うと、ややこしい人になってしまいます。

 

 

では、それを魅力に変えるには「品格」だと私は思います。それは、何も言わないのではなく、品を重視し、皮肉を加えず、人のことに置き換えず、その理論を展開されると大きな”魅力”になると確信しています。

 

 

 

どんな中高年が品がないか?それは、綾小路きみまろの漫談に出て来るような方だと思います。

 

 

あれを聞いて反対にすると素晴らしいと思います。

 

 

女性としても、これから社会に貢献する社会人としても十分な魅力があると思います。これは極端な考え方ですが、若い男性や女性の二人分を一人でこなす世代だと思っています。

 

 

 

 

博多織のPVです。こちらからご覧いただけます。

 

 


2012.5.24 3:41:20 読者の皆さまへ

<40歳代~50歳代の女性の魅力> その2

 

 

このブログを見て、私の友だちは、シゲの好みじゃないか?と笑っていると思います。特に、渋谷の大社長、福岡のT社長です。

 

 

確かに、飲みに行き、いらっしゃいませ~と女性が隣りに座り、いくつ?と聞いて”23歳で~す”なんで言われた瞬間に、私は離れるような行動に出ます。だって、娘と年齢が変わりません。

 

 

 

あげくの果てには、どうしてこんな仕事しているの?なんて聞いてしまうと、その場の空気は冷えきってしまいます。

 

 

 

だから、私が一緒に行くと、友人たちは、この店の最高年齢は?と気を利かせて聞いてくれるほど若い女性が苦手です。もちろん、その子たちも私じゃ嫌だと思いますよ。<悲>

 

 

 

私が若い女性が苦手だから、スーパーウーマンと言っているだけではありません。

 

 

 

その世代の方は、感謝、奉仕、限度、という素晴らしい家庭教育を受けておられ、今の若い世代の女性にはない”美しさ”があると思います。

 

 

 

しかし、1つだけ、1つだけです。気にかけて欲しいことがあります。

 

 

 

それは、おばちゃん化の防止です。

 

 

 

具体的には、立ち上がるときの素晴らしい掛け声、”どっこいしょ”です。そして、もう私は”おばちゃん”と自らが言うことです。

 

 

 

記憶力が落ちたこと、化粧をしないこと、太ること、昔はこうだったと過去の栄光を語ること、これらすべてを年齢だと説明すると、それは私の考える人ではない”戦力外”になります。

 

 

○○ちゃんのママ、○○くんのママ、から「〜さん」と呼ばれる世界へ戻るべきです。

 

 

 

もう教育費も少なくなくなったでしょうし、いつも綺麗にして、世の男性を世間を驚かすべきです。

 

 

 

その3では、「スーパーウーマンの厚かましさを魅力に変える」を綴ります。


次ページへ »











きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2012年5月
« 4月   6月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM