HOME » 9月 2010
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2010.9.28 23:16:24 読者の皆さまへ

仙台局は、開設して11年10ヵ月が経ちます。この局にも色々と思い出があり、ベテラン講師陣も多く在籍している局です。

 

 

11年前に開局した時には、私も何度も来た素晴らしい街です。一番町が気に入り、10年間はそこで仕事をしました。ここも 00×× の電話番号が取れなくて困った局です。

 

 

 

当社の電話番号ですが、例えば本社は 03-3216-0070 というように、下4桁が 00×× という番号になっており、これに拘っています。

 

 

 

昔は、その地域のNTTの窓口で拝み倒して番号を頂いていました。迷惑な客だったと思います。<笑>

 

 

因みに、私の携帯電話も自宅の電話番号もそうなっています。

 

 

 

 

仙台局の修了記念パーティーの様子は、 ここ からご覧いただけます。ダウンロードも 可能です。


2010.9.28 10:54:06 読者の皆さまへ

最新情報です。

 

 

一般教室(レギュラー)のご応募が1万1千人を超えたことをふまえ、

初中級コースの募集を開始します。

 

 

 ↑画像をクリックすると拡大します。

 

このコースは、過去5年間に受講された方を対象にしています。DMが届きますので奮ってご応募ください。

 

 

今回のテーマは、他の講師に習ってみよう!です。

 

 

この講師ですが、日本和装の講師は色々な教室の出身者です。その技術を習得してみよう!というテーマです。

 

 

さて、私は昨夜から仙台に来ています。今から仙台局の修了記念パーティーです。この様子は、今夜のブログでご紹介します。


2010.9.26 22:38:06 読者の皆さまへ

今夜の龍馬伝で出てきた下関の風景です。こんなに狭い海峡で戦ったとされる戦です。ここは、あの平家が滅びた壇ノ浦でも知られる場所です。

 

 

門司港駅近くの展望台より撮影 壇ノ浦  

 

 

2009年7月撮影  写真右側が門司港側  左側が下関側

 

 

龍馬伝もあと数回だということです。日本を変えるために戦った本気の男たちだと思います。

 

 

 

さて、明日から出張です。今回は仙台まで車で移動します。荷物も多くなるし、無理せず行くためにも車での移動を計画しています。

 

 

 

車中では韓国ドラマでも見ながら・・・と計画しています。「復活」というドラマを紹介してもらっています。 その感想は、このブログで・・・<笑>

 

 

 

カスタマーセンターブログ「ふれあい広場」を更新しています。 ここ からご覧いただけます。


2010.9.25 19:49:34 読者の皆さまへ

カスタマーセンターのブログをリニューアルしました。その名前も「ふれあい広場」です。

 

 

 

 

 

日々いただいているご意見をこのページでお知らせします。色んな講師や社員へのご意見も ここ からご覧いただけます。

 

 

月曜日から仙台へ出張です。仙台局の修了記念パーティーと福島局の修了記念パーティーに出席する予定です。

 

 

 

明日は、末っ子=小学5年生 のアメリカンフットボールの試合を見に行きます。しかし、私が見に行くと張り切り過ぎてミスしそうなんです。同じ末っ子として、その気持ちはよ~く分かります。


2010.9.23 21:48:35 読者の皆さまへ

ブログの読者から、このようなご意見をいただきました。

 

 

■お名前:

 

■メールアドレス:

 

■年齢:〇〇才

 
■質問・感想:

初めまして!今年の夏はことのほか暑かったですね。
受講者も1万人を突破されておめでとうございます。
いつも社長のブログが気になって拝見しておりますが、最近クレームにかなり敏感になられて、心を痛めておいでの様子が伝わって参ります。
何事にも前向きな社長が、悪い意見を書き込む人と同じ土俵に上がることは、決してプラスだとは思いません。
有名企業ともなればクレームはつきものですし、社長自ら仇をとるような表現は私達ファンにとって望むところではありません。
そんな人は極々一部ですし、99.9%は日本和装を支持している訳ですから、もう少しおおらかにどんと来いと言って構えていただきたいと願っています。
生意気な意見をのべましたが、私達にとって着物は華のある世界なんです。どうぞこれからも美しい世界を発展させて行って下さい。
最後にお体大切に頑張って下さい。

 

■読者の声への掲載可否:はい

 

 

考えを改めます。ご意見ありがとうございました。


次ページへ »












きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2010年9月
« 8月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM