HOME » 27. 5月 2010
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2010.5.27 6:59:31 読者の皆さまへ

最近、カタカナの日本語が多くて困ります。例えば、高校生の教科書にも「ナショナリズム」と記載されており、これを日常の日本語にするのか?と悩みます。

 

 

「ナショナリズム」を辞書で調べると、国家や民族の統一・独立・繁栄を目ざす思想や運動。民族主義。国民主義。国家主義。と書いてあります。

 

 

その通りだと思いますが、歴史の教科書でしたので、日本語の通りの方が分かり易いのではないかと思いました。

 

 

それと、最近のミーティングなどでもカタカナがとても多いのです。私は必ず、それはなに?と聞くようにしています。

 

 

一般的な用語としては分かりますが、その時の使い方に違いがあれば問題になりますので、必ず聞くようにしています。聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥、と教わりましたので遠慮なく聞くようにしています。

 

 

会社案内などにも多いと感じています。何を言いたいのか分からない、これが率直な感想ですが、これを使わないと古い会社だと思われそうですよね~

 

 

英語も難しいですが、このカタカナ日本語の訳も難しいご時世です。

 

 

普天間基地の問題=沖縄問題 も徐々に解決に向かっているようです。やっと決断されたと思います。ご近所ですので、そう大きく悪口は書けませんが「政治とは?」という娘からの質問に要領を悪く答えてしまいました。

 

 

模範回答を言ってくれたのですが、「利害を調整し正しい社会秩序を作ること」だそうです。基地、基地、と報道されていますが、基地よりも新しい建物、これは問題じゃないかと思います。つまり、後から建てたものだと思うのです。

 

 

いよいよテポドンが飛んで来そうな世の中になりました。停戦中にある南北問題ですので、何がどう動くか分からない時代に基地なしでどうするのか?一度聞いてみたいというのが本音です。

















きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM