HOME » 10. 5月 2010
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2010.5.10 13:02:07 読者の皆さまへ

子供達の教育の中で”人のために頑張る”こんなことを伝えています。

 

 

自分のためだけに生きる、勉強をする、こんな低いものではダメだよ~と、本人達はよく分かっていないようですが、人は人のために生きて人、私の生活信条の1つを徐々に伝えています。

 

 

学者や役人になるなら別ですが、それ以外なら勉強だけがすべてではない、こう考えています。確かに良い大学に入る、良い友人と知り合い生涯の友を得る、良い会社に就職が出来る、こんなことも重要ですが、幾ら勉強が出来ても、何の進歩のない人間になっては意味がない、こう伝えています。

 

 

人の痛みが分かり、少しでも人のためになることを考えて行動ができる、こんな人間に育って欲しいと思うのが、皆さん、そして我われ親の気持ちではないかと思います。

 

 

最近の若い人、もうこんな表現になった私ですが、ある人の話しによると、日本の企業に就職したくないと思っている優秀な人が多いそうです。

 

 

確かに、我われを含めて日本企業には足らないものがあると感じています。長期のビジョンが打ち出せない、どこかにそんな気持ちがあります。

 

 

目先ばかり・・・とまでは考えませんが、何か大胆なことをやれば目立つ、目立てば足を引っ張られる、悪い話はマスコミが取り上げる。ついつい、そんな悪循環を連想してしまいます。しかし、そんな日本に生活をする人間として足並みを合わせるしかないと思うのです。

 

 

次世代の子供達には、そうなって欲しくないと思っています。志、これが必要だと強く思います。

 

 

いま1つのブームとなっている坂本龍馬、この人生が賞賛されているのは、志が必要だという証拠だと思います。

 

 

藩の隔てをなくし日本人であることに気付く、これは勝海舟の言ったことばだそうですが、日本を大きくしよう、もっと自国のことをもっと考える国にしよう、そういうメッセージではないかと感じています。

 

 

さて、いよいよ中間試験のシーズン到来です。またまた幾度も失敗を繰り返しているにも関わらず、息子の試験勉強に口を出していますが・・・<悲> 今度は、以前に失敗した手法ではなく、大胆に手法を変えて取り組んでいます。つまり、今回は優秀な大学の学生2名を起用しての取り組みです。

 

 

 

その息子の歴史の教科書に書いてある言葉を引用し、昨夜社員達にあるメッセージを伝えました。

 

 

その記述は、”なぜ江戸幕府の藩政改革が失敗したにも関わらず、長州藩や薩摩藩の改革が出来たのだろう?”という記述です。その説明は「下級でも家臣として取り立てて改革にあたらせたから」これが説明でした。

 

 

中学2年生でこんなことを習うのです。いつも思う2世3世議員、歴史の通りに同じ失敗を繰り返すのはないでしょうか?

 

 

人のためにやろう!こんな若者を育てる社会にしないと、もう日本は財政面も統制面もすべて崩壊するように感じています。

 

 

頑張れニッポン!


2010.5.10 1:23:26 読者の皆さまへ

薄型テレビの市場占有率を見ると、お家芸といわれていた日本の技術力はどこへ行ったのか??と悲しくなります。

 

 

その1位はご存知のサムソン電子、2位はソニー、3位がLG だそうです。トップ3に韓国メーカーが2社もランクされています。

 

 

何がしか下に見ていた韓国、これが大躍進です。素晴らしいと思います。

 

 

昔、貿易会社=舶来品輸入 をやっていた時に、海外へ出掛けていて「日本 JAPAN」というと自慢でしたが、最近は言いたくない気分です。

 

 

先週の金曜日だったと思いますが、読売新聞のトップ面に同紙の提言が掲載されていましたが、その通りだと思います。コンクリートも大切だし人も大切、その通りだと思います。このマニフェスト不況を何とかしなければいけません。

 

 

それより真の政治家が必要だと思います。批判を受けて良いじゃないか~とは思いません。実際に受ける側になると辛いものです。親も兄弟も家族も居ますし、批判は相当凹みます。

 

 

でも、税金で報酬をもらうということは、そういうことだと思います。ある程度それを覚悟して公務員や議員になるべきだと思います。

 

 

右か左か、その選択は難しいと思います。しかし、誰かが言わないと全体が動きませんよね~ 私が腹が立つのは、そうして心を砕いている人の周囲に居ながら他人事の議員です。評論家もどうかと思います。

 

 

思い切った政策が打てない時代でもありますし、その辺から変えていかないといけません。これから本当の意味で国民が政治を動かす時代になると思います。夫婦喧嘩ではありませんので、正しいことはそう幾通りもないと思いますし・・・

 

 

さて、今週は書類整理などに力を入れます。ブログ更新も気張ってやります。どうぞ暇な時にご覧ください。

 

 

おかげさまで体調も良いです。お酒も控えめにやっていますし、土曜日の定期検査でOKをもらいました。しかし、無理は禁物だと思っています。

















きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM