HOME » 5月 2010
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2010.5.31 23:21:07 読者の皆さまへ

日本橋馬喰町に日本和装の看板を出しました。

 

 

 

数年前から広告させて頂いております日本橋人形町の交差点看板は、あのドラマでも写りましたので、この看板にもご利益があることを祈っています。<笑>

 

 

 

今日は月末、穏やかに過ごさせていただいています。ほんの10年ほど前には考えられなかったことです。月末っー!と勢い込んで金融機関に通ったものです。

 

 

今でも毎期の業績や開示という部分では大変ですが、おかげさまで毎月の資金繰りに追われる環境ではありません。レベルの低い話ですが、これは当時の私には考えられないほど幸せなことなのです。

 

 

 

身代をかけてやって来た、これは私の口癖です。この国では一度経済で失敗すると、すべてに影響します。これは1つの文化だと思います。しかし、この辺も変えないといけない部分ですよね~

 

 

 

資金繰りに追われていた時代から脱却出来たのは何だったのだろう?こんなことを考えたことがありますが、答えは見つからず・・・と繰り返しです。

 

 

しかし、1つだけ確信があることは、「人が喜ぶところに栄えあり!」と考え始めた頃と偶然にも同じ時期なのです。

 

 

時々いただくお叱りの声、これは本当に身を切られる思いで拝見しています。お客様に喜んでいただいていないのが残念だ、喜んでいただいたからこうさせて頂いている、また1からやり直しと考える瞬間です。

 

 

そして、お叱りをいただいた後に改善を図ったこともたくさんあります。社員が押し付けがましい、講師が販売員のようだ、無料で人を集めて無理やり着物や帯を押し付けている、この事業の根幹は決してこんなことを考えているのではありません。

 

 

人の喜ぶところに栄あり、常にこれを基本と考えていますし、もし現場に間違いがあれば必ず改善します。考え方が伝わっていないところには、私が行ってでも説明します。そうやって続けていきます。地獄の月末を迎えないように。


2010.5.31 19:19:32 読者の皆さまへ

発泡酒は好きではありませんでしたが、この発泡酒はお薦めです。ビールは苦手という方でも飲めます。

 

 

宣伝は見たことはありましたが、実際に飲んでみると水代わりに呑めるものです。決して大袈裟ではありません。

 

 

宣伝、私は結構疑うのですが、今後は少し信用するようにします。

 

 

このブログですが、携帯電話でもご覧になれるようにするとアクセス数が増えたように思います。携帯電話の用途は本当に多いのですね~

 

 

私は株価を見る時にしか使いませんが、今さらながら携帯サイトの重要性を感じています。それより、インターネットの信頼性を上げる必要性を感じています。その為には情報に対して実態の開示と説明が必要だと思います。

 

 

当社も率先して開示したいと考えています。


2010.5.31 6:04:51 読者の皆さまへ

プレミアム倶楽部の会員の皆さんに「神楽坂で会食20名様先着」という食事会をやらせていただくと公言していましたので、昨年末にニューヨークから帰国した講師=永利先生 と下見に行きました。

 

 

 

かしこまったところでは何ですし、色々と調査した結果、ここはどうかと思っています。

 

 

この募集は、会員の皆さんの携帯メールアドレスにメールをお送りして募集します。先着ご招待ですので、どうぞお見逃しなく・・・。

 

 

プレミアム倶楽部の会員総数は、先日の二次募集で約500名になっています。会社が主催するパーティもあるそうですが、この神楽坂のことは別のお話です。

 

 

さて、このブログもようやく携帯電話でも見られるようになりました。今までも見られましたけど・・・と言われましたが、それはPCサイトへの接続でご覧になれたということでした。少し見やすくなっているように感じます。左下のバーコードをご利用ください。


2010.5.27 6:59:31 読者の皆さまへ

最近、カタカナの日本語が多くて困ります。例えば、高校生の教科書にも「ナショナリズム」と記載されており、これを日常の日本語にするのか?と悩みます。

 

 

「ナショナリズム」を辞書で調べると、国家や民族の統一・独立・繁栄を目ざす思想や運動。民族主義。国民主義。国家主義。と書いてあります。

 

 

その通りだと思いますが、歴史の教科書でしたので、日本語の通りの方が分かり易いのではないかと思いました。

 

 

それと、最近のミーティングなどでもカタカナがとても多いのです。私は必ず、それはなに?と聞くようにしています。

 

 

一般的な用語としては分かりますが、その時の使い方に違いがあれば問題になりますので、必ず聞くようにしています。聞くは一瞬の恥、聞かぬは一生の恥、と教わりましたので遠慮なく聞くようにしています。

 

 

会社案内などにも多いと感じています。何を言いたいのか分からない、これが率直な感想ですが、これを使わないと古い会社だと思われそうですよね~

 

 

英語も難しいですが、このカタカナ日本語の訳も難しいご時世です。

 

 

普天間基地の問題=沖縄問題 も徐々に解決に向かっているようです。やっと決断されたと思います。ご近所ですので、そう大きく悪口は書けませんが「政治とは?」という娘からの質問に要領を悪く答えてしまいました。

 

 

模範回答を言ってくれたのですが、「利害を調整し正しい社会秩序を作ること」だそうです。基地、基地、と報道されていますが、基地よりも新しい建物、これは問題じゃないかと思います。つまり、後から建てたものだと思うのです。

 

 

いよいよテポドンが飛んで来そうな世の中になりました。停戦中にある南北問題ですので、何がどう動くか分からない時代に基地なしでどうするのか?一度聞いてみたいというのが本音です。


2010.5.25 17:02:16 読者の皆さまへ

日本和装ポイントバンク メンテナンスポイント プレミアム倶楽部の活動を報告します。 

 

 

今回は公益社さんのご協力で「葬儀のマナーと礼装の復習」という講座でした。

 

 

色々と私が説明するよりも下記の画像をご覧ください。↓ クリックで拡大します。

 

 

 

実際に葬儀へ行くと、あれ?数珠はどうだった?前の人のを見て・・・と悩みますよね~それを解消しようと実施したイベントでした。定員10名(満員)

 

 

それから、喪服の着方も自宅ではなかなか出来ないものだと思いますので、それを持ち込んでやってみようというイベントでした。

 

 

特に、お年寄りやご病気の方がいらっしゃるご家庭ではその練習がやり難いと思います。あなた私が逝くのを待っているの?なんていわれそうです。

 

 

昔の侍は、切腹の作法を常に習得していたという話を聞いたことがありますが、いざという時の作法は人として大切なことだと思います。

 

 

公益社の社長様と話をすると「死を考えることは生きるを考えること」と話してくださいました。そうだと思います。

 

 

装いは相手に対する思いやり、そう教えていただいたことがあります。紋付袴の準備も怠りなくやりたいと考えた一日でした。


次ページへ »













きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2010年5月
« 4月   6月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM