HOME » 7月 2008
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2008.7.30 5:56:00 読者の皆さまへ

昨日、第22期株主総会を無事に終えました。

株主総会を終えると本当の一年の始まりを感じます。

 

予想以上の株主様にご参加いただき、久しぶりに緊張しました。あがっていたな~と反省しています。

 

ご質問にも出来るだけお答えしたつもりですが、終わってみて考えると、もう少しこうした方が良かったかな~と思う次第です。

 

いつも応援して頂いている株主の皆様に心から感謝しております。

 

今後ともよろしくお願いします。


2008.7.19 0:40:27 読者の皆さまへ

image3281234.jpg←クリックしてください

 

「夏のキモノを学ぶ会」 当社の実施しているイベントです。上記のDMを発送して応募者を募っています。

 

それが、2,400名を超えました。

 

会場によっては、まだ、まだ、空きがありますので、お気軽にお問い合わせください。

 

0120-154-829 まで

 

それと、これは最新情報ですが、今年の秋から教室は 先着順 になります。9月1日(月)より受付開始となります。

 

応募方法は、電話とインターネットです。

 

秋は先着順・・・

 

cm3331.JPG
↑授業参観編

 

cm1111.JPG
↑読者モデル 修了生の皆さん

 

これがCM撮影風景です。


当社には縫製部門があります。部門名は 「日本和裁技術院」 です。

 

この事業所は、京都 壬生 にあり、縫製者が毎日朝から仕立て業務に取り組んでいます。

 

この部門では国家検定の受検を奨励しており、国家検定1級和裁士が数名在籍しています。

 

仕立てというと、年齢が高いと思われそうですが、若い社員が大勢います。

 

その一人が、先日の全国大会で銅賞に入選しました。

 

wasai111.JPG
↑北海道から九州までの技術者が集っての全国大会です。

 

wasai222.JPG
↑わが社のエースの一人に登録されました。

 

この事業所も自慢の社員達です。当社の仲介でお求めになると、1枚1枚に縫製番号が付きますが、その一点一点に彼女達の思いが込められています。

 

社員への思い

シリーズ16

N.Hさん

 

糸タクの N.Hさん と言えば全局に知られている社員です。

 

彼女の一番の思い出は、数年前=6年~7年ほど前 ですが、社内で膝にケガをしたことがあり、その時にお父様がお迎えに来られたことを思い出します。

 

本当に大切にされているお嬢様だな~と強い印象があり、お迎えに来られたお父様にお詫びしたことも思い出します。もちろん、今ではお嬢様ではなく奥様です。

 

この糸タク=糸の匠センター には、もう一人エース級の社員がいますが、その彼女は産休中ですので、彼女と次世代の社員達が頑張ってくれています。

 

この部署も相当忙しいのですが、わが社の中で離職率が一番低いのです。この部門も経験が必要ですので、その点でも安心出来る部門です。

 

これからも頑張ってくださいね。壁に大きく貼ってある、「すべてはお客様の”ありがとう”のために」 このスローガン良いよね~


2008.7.15 10:28:42 読者の皆さまへ

7月15日は、当社の創立記念日です。

 

あっという間の23年です。現在45歳ですので、もう人生の半分は事業をやっていることになります。

 

実は、私はボーナスをもらったことがありません。つまり、就職したことがないのです。だから”お前は働く人の気持ちが分からない・・・”と言われたこともあります。確かにそういう部分はあると思います。

 

22歳で会社を起し、一度もまともな就職をすることなく現在に至りました。創業から約10年は、お金、お金、とお金から追われていたように思いますが、その時代を思い返すと、自分自身がお金を追っていたとも思います。

 

お金を追うより、考え方を追求し始めてから徐々に解消された気がします。しかし、お金は縁の切れないものですよね~

 

先日、創業期はお金がなかったんだよね~と部下に話すと、嘘でしょう?と信じてくれませんでした。最初から今の状態だったと思っているらしく、当時の資金繰りや生活環境を話したのですが、それも今となっては自慢話しにしか聞こえないようです。

 

私は、前を向いてしか生きて行かない性格ですので、すべて今からだと思っていますが、今日は創立記念日ですので、昔のことを思い出しています。

 

お世話になった人、お金を貸してくれた人、大切な意見を言ってくれた人、貴重なアドバイスをしてくれた人、本当に皆さんに感謝しています。

 

本当にありがとうございました。これからも一層の努力をして、業界№1を目指します。諦めません勝つまでは・・・


CM撮影現場へ行きました。これは8月からの新しいCMですが、制作会社と数ヶ月間 企画を考えての自信作です。

 

キーワードは、 「きものキテル!」 です。

 

 

きもの着てる?きものブームが来てる。という2つ意味を込めたメッセージです。

 

cm222.JPG
↑実際の家をお借りしての撮影でした。

 

 

cm111.JPG
↑関東地方に一瞬の大雨  こうした工夫で部屋を明るく

 

 

cm333.JPG
↑実際のバスを使っての撮影シーン

 

このCMのオンエアーは、8月4日(月)の 報道ステーション からです。是非、ご覧ください。

 

 

社員への思い

シリーズ15

H.Kさん

 

14年前、当社が東京地区で開講した教室の第一期の修了生です。それから着物を勉強して、着付け講師にまでなった人です。その人が4年ほど前に社員になってくれました。

 

数字に明るく、話の切り替えしも上手い、どんな環境の変化にも動じない、愉快な社員です。

 

今では20クラスほど担当してくれています。この数は小型局でいえば、その局の教室すべてというイメージの数です。

 

入社してしばらくは、おとなしくしていましたが、一年ほど前から頭角を現しており、おそらく今では日本一担当教室を多く持つ社員です。

 

○○○さん、飲みに行こう・・・と誘うと必ず来てくれるという伝説がありましたが、この前一度だけ、”もう家に着きました・・・”と はじめて断わられ、何をいくら飲ませてもケロリとしている女性です。

 

私は、彼女との話の中で一番覚えていることは、私は着物が好きで日本和装が好きなんだ・・・という言葉です。こんな言葉をいうのは簡単だと思いますが、勤務=激務? を継続して、それを実践するのは難しいと思うのです。

 

H.Kさん これからも期待していますね。次回は飲み会を断らないでくださいね。<笑>


次ページへ »













きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2008年7月
« 6月   8月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM