HOME » 4月 2008
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime

久しぶりの更新です。ダイエットし過ぎて倒れていない?とメッセージ。もともと栄養の蓄えがありましたので、大丈夫です。ご心配をお掛けしました。

 

この2週間、色々と忙しくしており、考え事をしている時は、この下手な文章でも、その表現が上手く出来ないと痛感しました。

 

私は、仕事以外のストレスはゼロです。子供達も元気だし、人間関係の悩みもありません。唯一、何か言えと問われると ”健康” くらいですかね~

 

しかし、先日、友人の勧めで行った高価な「一日人間ドック」でOKとの結果をもらいましたので、今は心配ないようです。中性脂肪と尿酸値が高い程度です。

 

それが、この人間ドックで頼みもしないのに、HIV C型肝炎の検査までしてくれていました。この検査は10年ほど前にやったことがありますが、当時、HIV予防財団への寄付を考えていた時に、自分自身が検査をやったことがないでは話にならないと思い、この検査を受けたことがあります。

 

さて、タイトルのテレビ出演です。スタジオでライトを浴びると暑いですよね~ 役者さん達の苦労が少し分かった気がしました。もちろん、全国版ではない番組ですが、この件は改めてお知らせします。放映は5月中旬です。

 

社員への思い

 

シリーズ5

 

T・Mさん

 

神戸出身で草野球が趣味と言っていたのですが、転勤、転勤、でもうやっていないかも知れません。7~8年前になるかな?彼を採用して、神戸勤務でしたので、元幹部社員から大阪で彼を紹介されたのですが、”若いな~”というのが第一印象でした。

 

その彼が、地方での功績を認められ、大きく昇進して上京しました。今では当社の最大拠点=日本橋エリアを担当し、そこでも功績を上げています。もちろん、彼を採用した元幹部の先見の目もあったと思います。

 

半年ほど前だったと思いますが、会議の席に彼がいましたが、その目は透き通っており、彼は成長したな~ と一人で喜んでいました。

 

彼を見て、心砕いて仕事をしているんだなと感じました。心砕いて仕事をする人と、しない人では目が違います。上司に見せる仕事とは違うと思っています。

 

これからも頑張って欲しいと思っています。

 

shachou.JPG ←動画配信中


この一年間は、本当に色々と変化があった年でした。

 

東京への本社移転は、最近の仕事でも大きなものでした。あれからもう1年です。社員たちにも辛い思いをさせました。お金も掛かりました。しかし、これからの為に絶対に必要なことだと決意して取り組みました。

 

cimg3437123.JPG
移転間もない本社ミーティングの模様

 

それもあって、昨年5月1日からの1カ月間は、社員たちと一緒に必死にやっていました。社員達は、単身で上京している者もいますので、ご家族のことを考えると心が痛みます。

 

”社長、あなたも上京して来て大変だね・・・”と言われることもありますが、私は上京してもう14年になります。家族も一緒に上京しましたので、子供達は東京での生活しか知らない程です。

 

会社は、昨年まで 福岡本社と東京本部 という体制でしたので、それを1つにまとめて効率を上げたいと考えてのことでしたが、これが目に見え始めるのは来年度からではないかと感じています。

 

社員への思い

シリーズ 4

 

T・H さん

福岡県出身、名古屋の商社での東京勤務を経て Uターン で当社へ入社。結局、この度の本社移転で東京勤務となった財務担当の幹部社員。初対面の方であれば、あれっ?どんな人なの?思われるような私より1歳年上の男性です。(写真左側の一番奥が彼です)

 

そう書くと何か悪い人のように見えますが、それは全く違います。 信用出来る人 とは、こういう人だと絵に描いたような人物です。堅いだけのイメージではなくユーモアもあります。それと、彼の悪口を社内で聞いたことがありません。付き合えば付き合うほど人柄の良さを感じる人です。

 

本社の東京移転の際には、彼に一番無理をさせたと思います。中途半端は状況でも顔に出さず、周囲からは責められ、それを正面から受けてくれました。いろいろ言う人は、自分のことしか分かりませんので、彼の辛い気持ちは誰にも分からなかったと思います。

 

事務方だから、やれて当たり前だという周囲の雰囲気も感じますが、彼らも周囲と戦っているのです。上場してから以降は、株主様からの問い合わせもあり、社内だけではないことも彼らが気を遣う部分です。

 

不規則な生活が続くと、若干横幅が大きくなっているように見えます。当社の単身赴任者や独身者は、人形町に住んでいる者が多いのが特徴のようになっています。プライバシーという面では、難しい問題になっているようですが、楽しそうな学生生活を再現しているようにも見えています。

 

でも、いつも家族の心配をしているように思います。こういう1年でしたので、この決算が一区切り付いたら、ゆっくり帰福して欲しいと思っています。

 

 

人形町の交差点を水天宮方面に向かい、一本目の道を左へ入ったところのラーメン屋 あの店が夜の社員食堂のようになっているらしいね~ ラーメンライス 横幅が気になる人は厳禁ですよ。<笑>

 

 

因みに、日曜日 朝一番の計測で9キロ達成です。<辛い>


きっちりと説明する、ご承諾いただいた証拠を残す、これは当然といえば当然のことです。

 

先日、娘の携帯電話の機種交換のために、近くのauショップへ行ったのですが、そこでの素晴らしい説明に感心しました。保証の問題、違約金の問題、保険の問題、など 聞いた、聞いていない、この辺の確認書も作成されます。もう完璧です。

 

この確認書は、後になって ”聞いていない・・・” というクレームを引き起こさないようにされているのだと思います。私を含めて日本人は、自己責任より他人責任を主張する習慣があると思うのです。

 

逆に、すべて自己責任となると、必然的に質問も多くなるし、わが身を守るために様々な対策を打つと思うのです。

 

法令遵守に徹すれば、多少の利便性が落ちる。説明が多くなる。このように感じています。

 

この au ショップでは、早くしてよ・・・と思いながら聞いている自分がいましたが、将来何か問題が発生すれば、聞いていない、はじめから言ってくれよ~と私は言うはずです。

 

利便性を上げながら法令順守=説明責任 を果たすには、どうすれば良いかが、これから我々の大きな課題です。

 

社員への思い

 

シリーズ3

 

S・W さん

 

彼は、私と同じ九州人です。大分のホテルフロントを経験し、そこで知り合った女性と結婚、可愛いお嬢さんと3人家族です。浅草の町が好きだと移り住んでいます。

 

彼のことを一言で言うと、必死、一生懸命、です。もう何年になるかな~ 毎日必ず報告してくれます。私も彼からの報告を見ないと何やら落ち着かないようになっています。この「毎日」というのは、なかなか出来ることではありません。

 

飲みたい時もあるだろうし、寝たい時もあると思います。しかし、彼は送り続けています。寝ていました、気分が悪かった、忙しかった、色々と理由は付けられるものだと思うのです。それを見事にやっています。

 

ある日、少しは休みをとって家族旅行でもしたら?と返信をすると、

 

”吉田社長へ ありがとうございます。家族も決算月と分かっていますし、応援してくれていますのでご安心ください。それより、家族から何を言ってるの?と逆に言われます。気に留めていただいて、ありがとうございました。”

 

とあっさり返事が来ました。

 

毎日、毎日、とは、なかなか出来ないものだと思います。もう彼も多くの部下を抱えてると思うので、報告はもう良いよ・・・と言いたいのですが、彼が九州勤務時代からのことですので、お互いに止められないことになっている気がします。

 

いつも自分の部下に嫌われることを言っているようですが、それを言われている皆さん、彼はこういう人です。自分にも厳しい人なので理解してあげてくださいね。

 

S.Wさんの奥さんへ お嬢さん入学式だったんですよね~ おめでとうございます。


私はパソコン中毒症だと思います。朝、起きたらメールを見る、その他の情報を見る、ニュースもパソコンで見ています。

 

これが、きっとパソコン中毒症だと思うのです。パソコンがないとイライラ=不安になります。

 

当社の社員の中にもそういう人が居るように感じています。何の用事か分からないのですが、画面に向って何やら閲覧している人も多いようです。

 

これは、IT化が進み、便利になっただけに、1つの障害だと思うのです。

 

以前であれば、仕事がなければ ”ボーっと” するしかなかったと思うのです。悪く言うと、そういう人でも画面を見ていると仕事をしている雰囲気が作れます。

 

私を含めて中毒症は治さなければいけませんね~

 

さて、今日は大阪でテレビ収録の日です。放送は5月中旬と聞いています。良い顔に写るのか心配です。この前も記載したように、テレビは顔が大きく写ります。画面に顔だけ・・・にはなりたくない。こう思っています。<恥>

 

社員への思い

 

シリーズ2

 

A.Nさん

当社の組織内で、社員が一番多い部署の責任者です。お客様から褒められて当たり前、少しでも悪ければ大きな非難を受ける部署です。

 

機転が利くという面では、トップクラスの社員です。緊急対応能力も素晴らしいと思っています。更に、私が注意やアドバイスをしたことは、即日改善されている事業所です。

 

何かのミスが出た場合、決して部下の責任にせず、自らの責任で問題解決へ向けて取り組みます。だから離職率が低いんだな~と感じています。(ミスをした本人達へは厳しい叱責をしているようですが、我々にはミスをした社員のことを言いません)

 

自分の立場よりお客様のこと。当然といえば当然ですが、保身ばかりを考えている社員には出来ないことだと思います。これからも頑張って欲しいと思っています。

 

カバンの中には必ず”アメちゃん”が入っていますが、これは大阪の 女性? のシンボルと言っています。”社長、アメちゃん食べますか?”と声を掛けてくれますが・・・私がダイエット中と知って言ってるの?<笑>

 

ほら、笑っている T・Aさん、K・Oさん、あなた達も アメちゃん軍団のメンバーだよね~ <笑>

 

トギちゃん、あなたも重要なメンバー


sk111.JPG

最近アメリカへ電話することが多く、スカイプを使い始めました。この名前は以前より知っていましたが、いざ使ってみると素晴らしいと感じています。

 

リアルタイムにファイルの転送も出来て、チャットと組み合わせて仕事をしています。

 

こうしてIT化が進み、対面で話をすることが少なくなる時代なのかな~と寂しい気がします。

 

昔は、こういうものはなく、対面・対話によるGoodコミュニケーションがとれていた気がしますが、今や隣の社員、見えるところにいる社員からもメールという時代ですよね~

 

これが良いのか、悪いのか、分かりませんが、世の中の管理職の皆さんどうですか?

 

さて、このブログに何かシリーズ物をと考えていましたが、「社員への思い」というシリーズを綴ろうと思います。

 

社内では、3年ほど前から「社長の思い」「新社長の思い」とメッセージを送り続けていますが、こちらでは、私から見た個別社員についての思いです。よろしくお願いします。

 

シリーズ1

T.Yさん

有名美術大学を卒業後、大手企業に就職後、7年~8年前に当社へ転職してきた社員です。2度の産休を経て頑張っている、言い換えると女性の社会的地位を上げる手本となるような社員です。

 

仕事は速い、正確、何より説明能力は一流です。更に、どんな会議においても自分の意見をしっかり伝えます。また、決してイライラした雰囲気を見せず、彼女と話していると、私もこういう対応をしなければ・・・といつも気付かされます。

 

決して自我を出さず、何が大切なのか、何が優先順位が高いかを考えた対応です。

 

以前、私が仕事を依頼した時に、”社長!その背景を教えてください”といわれた時には思わずドキっとしました。つまり、私側に立って考えてくれているんだ~と感心したことがあります。

 

言われたこと以上のことをしよう!という意識の現われだと思った瞬間でした。

 

働くお母さん、本当に頑張ってください。

 

しかし、いくら忙しいでも、真冬に事務所での半袖姿は少し心配です。毎号の KOSODE の入稿完了瞬間の顔、いつも楽しみにして見ています。読者の皆さんから楽しんでもらえると良いですね~


次ページへ »













きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2008年4月
« 3月   5月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM