HOME » 22. 12月 2007
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2007.12.22 14:52:25 読者の皆さまへ

「今年もお世話になりました」 年末は、この言葉をよく聞きますよね~。

 

 

私も昨夜、丸の内本社で ”今年もお世話になりました。良い歳を迎えてください”  と告げて、社用車で帰りました。

 

 

いや~ 危ない。「歳」ではなく「年」です。総務、広報、広告には、女性スタッフが多いので、その誤字、間違いは、そうとうな問題へ発展します。

 

 

 

この社用車も昨日が最後でした。3年間本当に世話になった車です。このブログでも記載しましたが、もうこんな贅沢な車は必要ないと返却を決めたのです。

 

image102111.jpg    p1000070111.JPG

 

現本社には、この2台の社用車がありました。一台は機関投資家への個別説明や集団で移動するのに役に立った車です。この2台を返却して、旧本社にあった車を本社で使います。もともと私は貧乏性ですので、こういうスリム化が出来た時に何か安堵感があるんですよね~

 

 

 

3年前に組織を再編し、株式公開へ向けた準備を始めたころです。外国車の廃止、経費の個人、法人との明確な区別、これが必要だったのか分かりませんが、どなたからご覧いただいても恥ずかしくない、今の体制を目指しました。以前は、幹部社員に外国車を貸与していた時代もありました。超ワンマン個人企業からの離脱にはそうとうな苦しみがありました。

 

”企業は生き物” これは、私の恩師 古賀光雄先生の言葉です。大学時代の講義では、いつもおっしゃっていた記憶がよみがえります。車のことだけではありませんが、ここで再リセットという気持ちです。

 

生き物は、必要な時に必要な食べ物や環境が必要です。いつも常温でもいけません。風、天候、その他の情勢にすばやく対応して行きたいと思っています。

















きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2007年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM