HOME » 04. 12月 2007
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2007.12.4 19:32:25 読者の皆さまへ

動画配信に挑戦します。自作自演ですので、撮影やアナウンスは悪いですが、その点はご容赦ください。もちろん、アナウンスは私がやっております。

 

ビデオ片手にアナウンスは難しいです。運転しながらやっていると誤解されそうですが、運転は社員がやってくれていますのでご安心ください。

 

この映像は、ここ からご覧いただけます。←高度な技術がないため、この動画の保存期間は数日間とさせていただきます。

 

それから、ご覧頂く場合は、クイックタイム が必要です。インストールは こちらから どうぞ。

 

 

糸の匠センターは、弊社で取り扱いをさせて頂いた商品が一旦すべて入荷し、ここで検査、検品を行い縫製、加工までお引き受けしてお届けする総合窓口です。

 

素人目線を重要視していますので、業界関係者を起用せず、経験のないパート社員に、あなたが数十万支払ったという立場で見て、気になるところには、すべて糸印を付けてください、と依頼し消費者目線で検品をさせていただいています。

 

きものリフレッシュセンターは、受講者、修了生の皆様から、きもののメンテナンス全般のご相談に応じる部署です。 きもの駆け込み寺? と言われているようです。

 

弊社の強みの1つは、この体制です。きもののことなら弊社内ですべて完結出来るという仕組みです。

 

やはり、動画は難しいです。もう少し研究してみます。今後も是非ご覧ください。


2007.12.4 9:44:09 読者の皆さまへ

2年ほど前から社内ネットワークに 「社長の思い」 と題して掲載していたシリーズがありました。それを先月中旬に止めようということになり、やめていましたが 「新社長の思い」 として再開することになりました。

 

これは、平成17年9月から約2年3ヵ月ほど続けたものでした。これを多くの社員が見ていたと聞いています。実は、ときどき個人名を出して、○○さん分かってる~ などと記載していたので、いつ自分がターゲットにされるのか・・・と見ていたようです。<笑>

 

もちろん、それ以外に私の気持ちや進みたい方向なども記載していましたので、ある幹部社員が社内通達より 「社長の思い」 に記載してもらった方が早い・・・と言っていたこともあります。

 

ある日、「社長、皆の勤務表がなかなか集まらないので社長の思いに書いてください」と言って来ましたので、「馬鹿やろう!そんなのはお前の知らせ方が悪いんだ!」と怒鳴りつけたことがありました。

 

私は、やらせるよりやりたくなる仕組み と考えています。商売は、売るより売れる仕組み だと思っています。

 

ちょっと話がそれましたが、伝えることはとても大切だと思います。明確な方針を打ち出し、それがブレないようにする。これは社員達に対する1つのミッションだと続けたものです。

 

それを再開しました。

 

それから、このブログですが、少々飽きた・・・という声が上がっていますので、新しい企画を考案中です。出来るかどうか分かりませんが、自作の動画配信を研究中です。

 

これは、ある金融機関の方から言われたことですが、「あなたの会社は聞いたり、資料や書類を見たりするより、実際に現場を見た方が分かりやすいので、是非そうするべきだ」 というご意見をもらいましたので、現場の映像や施設の映像を載せようと研究中です。

 

どういうことになるのか心配もありますが、これを研究中です。珍しい社長ブログを目指します。


2007.12.4 2:20:19 読者の皆さまへ

3日 朝10時より春期の広告会議を行いました。どういう打ち出しをするか、この辺が毎期、毎期、悩むところです。

 

弊社の契約は渡辺謙さんですが、彼の良い部分を出さなければいけません。前にも記載しましたが、渡辺さんは本当に良い人です。オーラが出ています。

 

CMが始まると 「吉田さんの会社、渡辺謙さんですよね~ 高いでしょう?」 と二言目には必ず言われます。もちろん、あれだけの方です金額の問題ではなく、弊社の契約を受けてくれるかどうかが問題なのです。

 

私は、清水の舞台から飛び降りる覚悟で交渉を依頼しました。出てくれるかどうかを聞いてからお返事というルールではありません。つまり、どの会社さんもそうでしょうが、先方がOKであれば契約というルールです。

 

昔の話ですが、初めてテレビCMを出稿する時に謝絶されたこともあります。新聞もそうです。女優さんもそうです。前例がない、聞いたことがない、怪しい、社長が若い、本当に苦しい時代がありました。

 

しかし、おかげさまで最近は、ようやくその辺だけはクリアーしています。これも上場させて頂いた効果であると思います。

 

下記は、先日このブログのご意見ご感想から頂いたメールです。

 

■お名前:○○ ○○     ←個人情報削除

■メールアドレス:○○○○  ←個人情報削除

■年齢:45才

■質問・感想:私も着物が大好きです。
仕上がるまでの工程は、日本の歴史そのものだと思います。
今、私たち親の世代が、子供たちにその着姿を見せ、
文化を伝えなければならないのです。
貴社の方針に、同感いたします。
時代の先駆者は、常に批判されるものです。
日本の伝統と文化を心から案じる者として、一家庭人
として、心から応援いたしております。

■読者の声への掲載可否:はい

 

ありがたいご意見に何か本当に嬉しくなりました。このご意見を読ませてもらい、先駆者はやり通してはじめて先駆者なんだ。。。と自分に言い聞かせていました。

 

多くの株主様もいらっしゃいます。とうぜん業績に対するプレッシャーもあります。嘘もごまかしも言えません。明日からも努力を続けます。

















きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2007年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM