HOME » 12月 2007
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2007.12.31 3:21:57 読者の皆さまへ

シドニーといえば、この建物ですよね~ シドニーへやって来ました。

 

p1000125111.JPG

 

ケアンズから約3,000キロ 福岡から札幌までが2,000キロといいますから、おおよその距離を想像してください。

 

石垣島から東京丸の内へ来たという感じです。

 

p1000110111.JPG

ホテルの窓から見える時計台です。以前は郵便局だったそうです。

 

p1000115111.JPG

伝統を残しつつ、このホテルが建築されています。

 

オーストラリアは連邦政府として成立して200年ほどの国ですので、100年も経過すれば重要文化財に指定されるそうです。

 

新しい国に来たかのように、現地のガイドに色々と質問攻め。医療費は?教育は?税金は?年金は?と好奇心は尽きません。驚いたのは、医療費が無料ということです。太っ腹の国です。

 

ガイドさんがいうには、この国は人生が200年あると考えているような国だ、ということでした。のんびりしているという意味です。

 

市内観光、高級住宅地見学、ナイトクルーズ、とシドニーを満喫しています。シドニーオリンピックでの女子マラソンのスタートラインにも行きました。思い出すのは高橋選手ですよね~。

 

我々の年越しは、ここシドニーです。 31日ニューイヤーの花火大会。4億円をかけた大イベントのようです。混雑するだろうな~


2007.12.29 4:30:29 読者の皆さまへ

オーストラリアは、日本の国土の約21倍、人口は約1/6です。この人口は、東京都とほぼ同じということになります。

 

ここケアンズは、のんびりとした街です。そんなに急いで何するの?という考え方の街です。

 

今日からシドニーへ移動するのですが、文化、歴史、自然、を感じたケアンズから大都会シドニーへと移動します。我々のPATY7名(家族6名とガイド1名)の大移動です。

 

昨日は、世界遺産に登録されている熱帯雨林をケーブルカーから見ました。行きは列車に乗って行きましたが、どこかで見た風景だな~と思っていると、現地のガイドから「世界の車窓から」で10年ほど使われていたと聞いて、そうだ、この風景だ・・・と思い出しました。

 

p1000043111.JPG
↑この風景ご覧になったことないですか?

 

p1000037111.JPG

 

この列車で山頂の街キュランダへ行きました。ゆっくりとした旅です。これはお薦めです。

 

帰りはケーブルカーで山を降りたのですが、このケーブルカーでの話を聞いて、やはり考え方だな~と思ったのです。

 

このケーブルカーは、スカイレールという民間の会社がやっているものだそうです。片道4,000円/人ということでしたが、この考え方に惚れ惚れしたのです。

 

世界遺産に登録された森の中に10年ほど前に完成したそうですが、ある地元の大富豪が43億円を出資して会社を立ち上げ、5年の地質調査と5年の工事を経て完成したそうです。

 

写真では見にくいと思いますが、このケーブルカーの鉄塔、何か感じませんか?そうなんです、すべての鉄塔は、森の木を全く切らずに建てたそうなんです。乗車時間は40分程と長いものです。それを陸上を使わずに工事をやったという話でした。

 

p1000076111.JPG

 

 

よく考えると、普通に乗るケーブルカーは、鉄塔の真下は整備されていますよね~ これに驚いたのです。何とこの工事は、ロシアから軍事用のヘリコプターを借りて、すべて上空から物資を降ろして工事をしたそうです。

 

このヘリコプターの時間費用は、1時間500万円だったと聞いて、陸上を使っての工事を考えると数十倍の費用と時間をかけた工事だったということでした。こうして完成したケーブルカーは、大成功して3年で投資を回収したそうで、今は香港へ進出したということでした。

 

これは、今回のケアンズ滞在で一番驚き感動したものでした。自然を守り、大胆な発想で取り組んだ壮大なプロジェクトだったと思います。

 

普通であれば、コスト面から考えて、あらゆる理屈をつけて陸上を使って工事を考えると思うのですが、周囲の賛同を得るために十分な地質調査をやり、その工事を自然を守るために上空から工事をやるという先駆者の発想に感動しました。

 

こうして3年で回収、次へ・・・となっているそうで、やはり事業は考え方、これが大切だと心から感じた一日でした。

 

このコースはお薦めです。山頂の街の動物園ではコアラを抱いて写真撮影も出来ます。コアラは写真で見ると可愛いですが、ちょっと臭いです。娘たちが言うには、コアラは汗臭いおじさんの匂い・・・と私を見ながら感想を言っていました。<苦> 

 

なんだコアラ・・・ こうして旅行へ連れて来て、父親の株があがっているのに落とすようなことするなよ~


2007.12.27 23:39:58 読者の皆さまへ

p10102471111.JPG
↑グリーン島

 

ケアンズに滞在しています。今日は、グレートバリアーリーフに浮かぶ珊瑚礁の島グリーン島へ行きました。ケアンズから船で50分程の距離です。

 

 

p10102751111.JPG
私の体重でロープが切れそう・・・

 

 

これが気分が晴れた遊びです。息子と二人でパラセーリングをしました。ボートから離れた瞬間に、ふわっと 浮かび上がり、周りの景色を見ながらストレス解消にとても良かった感じです。数分間ですが・・・

 

この島も自然と共存している様子が伺えました。島のすべてがリゾートの為のものです。人も住んでいない、生活臭さもない島です。こういうリゾートを日本でも作れば良いのにな~ と思いながら見ていました。

 

しかし、日本では無理だと思うのです。それは、不自由を許せないからです。自然、歴史、文化、景観を優先すれば、人に不自由を感じさせます。守らなきゃいけない!こういう感覚を大勢で持つようになると実現するのではないか?と一人で考えていました。

 

エコもそうです。エコバックを持って買い物へ。この人は環境への配慮をしている人=品格のある人 というようにステータスシンボルにならなければいけません。

 

つい、つい、この話題になりますが、着物もそうです。着ている人=学校や会社の受験に合格する人 姿勢の正しい人。こういう事になれば、この国もよくなると思うのです。

 

美しい国へ・・・と言われた前総理大臣には期待していましたが、残念ながら志半ばで退陣されました。何をもって美しいとするのか?その基本は、やはり衣・食・住だと考えます。

 

これは、ごみ問題にも関わるものです。一人でやると目立つ、それなら皆でやれば目立たず恥ずかしくもない!そうして日本を良くしよう運動を起したい。こう思っています。

 

追伸:このグリーン島は、やはり年末年始が良いそうです。船も揺れず最高の景観です。ダイビングも出来ます。昼食はホテルの朝食でお弁当を作って持参されると良いと思います。ちょっと貧乏臭いですかね~<笑>

 

次回、私がここへ行くならそうします。000先生、参考にしてください。<起立・礼>


2007.12.27 0:17:28 読者の皆さまへ

ある大手銀行の会報誌の原稿が送られて来ました。内容は弊社の取材された記事でした。読みやすく、全くストレスを感じない流れるような文章に感激しました。

 

この原稿は、ケアンズのホテルで受信したものです。インターネットの時代に当たり前だとは思いますが、10年ほど前ならどうだったかと思うと不思議です。

 

弊社は、データ通信にいち早く取り組んで来た方だと思っています。会計データを圧縮して送れた時は、嬉しくて、嬉しくて、それを手伝ってくれた、当時、早稲田大学の学生アルバイトと一緒に銀座で飲んだことを思い出します。

 

すべて今では当たり前なんです。しかし、当時は誰に聞いても難しい、専門家に頼めば数百万という時代でした。しかし、色々とトライしてみると出来るんです。私はパソコンには詳しくありませんが、好奇心と行動力、これだけなんです。

 

そう考えると、今の時代は、どこにいても仕事が出来ます。だからスピード、スピードなんですね~

 

KIMONO SUPER 大阪の次は名古屋に決まりです。路面店は大阪に続いて2店舗目になります。


2007.12.26 13:21:29 読者の皆さまへ

           sany0041111.JPG

 

エアーズロックを見に来ています。ご存知の方も多いと思いますが、この国立公園は東京都の1/2の広さがあるそうです。

 

自然を守るために様々な決まりがあり、こうでないと守れないよな~と感心しています。

 

例えば、柵やロープがありません。これは景観が変わらないための配慮だそうです。また、私ならすぐライトアップを考えますが、自然を守るためにやらないそうです。

 

今朝は、南十字星がきれいに見ることが出来、改めて南半球にいるんだな~と実感しました。こうして、色々と見ていると、小さなことにクヨクヨしたり、意味のない感情に左右されてはいけないと日々を反省しています。

 

昔からあるものを守る。これは大事なことだと思います。


次ページへ »











きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2007年12月
« 11月   1月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM