HOME » 10月 2007
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2007.10.31 22:07:26 読者の皆さまへ

本日で前半戦が終了しました。成績については、12月中旬までにお知らせしますので、よろしくお願いします。

 

今期の前半戦は、本社移転など忙しい半年でした。この本社の移転では本当に辛い思いもしました。旧本社の社員を集めて直接説明して進めましたが、各人の事情もあり全員が全員という訳には行かず、断腸の思いとは、この様な思いだと感じたことでした。

 

出来るだけのことをしたのですが、やはりしこりは残ったと思います。しかし、残った社員も元気で頑張ってくれています。社員たちの協力のおかげで何とか半年で流れを掴んだと思います。

 

本社の移転が終わると、もう次に取り掛かっていました。それは、コールセンターの移転です。福岡から京都へバージョンアップしたコールセンターを作るぞ!と部下たちを引き連れて京都へ乗り込み電話応対に取り組みました。

 

新しいことをする、基本的に私が好きな行動です。また、従来からあるものをアレンジして効率を上げる。色々と工夫するのが好きなのだと思います。

 

私の師匠からは、お前はプレーヤーだから、前に出てしっかりやれ!といわれたことがあります。苦手なお金の勘定や管理は人に任せろ。やりたい通りにやれ、それがお前の才能の活かし所だ。こうしていつも私を勇気付けてくれました。

 

この半期もそうですが、この2年間で自分なりに強くなれたと思います。嫌な思いもたくさんしました。株式上場でも苦しい思いをしました。上場して良いことは?との質問に色々な思いがありますが、会社の将来を考えて良かったと思います。しかし、私個人としては良いことはありません。

 

お金が入っただろう?と言われる方もいますが、所得は上場前の方が多かったこともあり、お金・・・と言われてもそういう感覚がありません。掲示板で多くのご意見も頂きました。すべてのお声を真摯に受け止めていますが、お金のことで言われると少しガッカリします。

 

私は来月で45歳になります。20歳代前半に事業を興しましたので、通算すると生まれてから約半分は事業をやっていることになります。(日本和装の事業は今年で20周年です)
創業から本当に色々なことがありました。そして、私の転機は2つあったと思います。1つ目は、今は制度がなくなった高額納税者一覧に掲載された時です。その時に、何かお役に立てないかと家内と話し合い、郷里の子供たちを「ディズニー夢旅行」に招待し始めたことです。もう1つは会社を上場へ向けて準備を始めた時です。自由気ままに仕事をやっていましたので、上場基準を意識した体制作りは苦しいものがありました。

 

そうして昨年、上場させていただいて、この世の中にこういう仕事があるんだと認知してもらい、きもの総合産業の発展に寄与したい、その為にまず上場から再スタートしたい、 こういう思いでやらせて頂いています。8割以上の株を保有して何だ!と言われることもありますが、私は今が会社創立2年目だと思っています。今から頑張って、努力して、皆様に認めてもらいたいと思っています。そうして先が見えた時に、より多くの株主様からもご支援を頂いて、本当の形にして行きたいと思っています。

 

半期を終えて、思うままに掲載させていただきました。これからも頑張ります。よろしくお願いします。


2007.10.29 17:40:29 読者の皆さまへ

読者から更新を待ってるよ・・・と嬉しいメッセージを頂きました。すみません。遅くなりました。

 

やはり、こういうメッセージを頂くと”やる気”が出ます。今後は48時間以内の更新に努力しますので、よろしくお願いします。

 

さて、今日の話題です。

 

先週は、週末も神戸に居ました。そして、今朝、妻に”生きてるからね~”と電話したところ、具合が悪そうな声。どうしたのか、何が悪いのか、病院へ行ったか、色々と聞いてしまいます。最後には段々と腹が立ってくるのがいつもの流れです。

 

私は、怒りは恐怖の念、だと思うのです。そうじゃないですか?妻が病気になって、死んだらどうしよう・・・寂しい、子供たちも悲しむ、まだ幸せにしてやっていない、今のように自由に仕事も出来なくなる、こういう思いから怒りへいくのだと感じます。

 

だから、余裕のない人ほど怒ったり、人の批判が多いのではないかと思うのです。

 

私は、時間には一杯一杯で仕事をしていますので、このような恐怖があるのだと思います。結局、何も問題なかったのですが、肩こりから気分が悪くなったようでした。

 

これから当社の話しです。

 

cimg38681111.JPG

 

 

 

当社で縫製をさせていただいた品物すべてに縫い付けるタグです。この番号は通し番号になっており、誰が検品をしたかまで分かります。責任をもって対応して行こう、というのが当社の基本姿勢です。

 

もう1つは KIMONO SUPER の丸洗い(きものスーパークリーニング)をお届けする時に使う袋です。普通は和紙(たとう紙)に入れた状態で届くのですが、私は持ち運びに不便という考え方からこれにします。このビニールにロゴの印刷も終わり準備しています。

 

cimg38561111.JPG

 

 

 

新しいものを作るには古いものを壊すしかない、こういう思いでやっています。何より利便性を優先しています。神戸の皆さん、是非一度使ってみてください。オープンは11月8日です。


2007.10.24 21:41:42 読者の皆さまへ

当社が協賛している 「きもの日本」 11月15日 国立京都国際会館 の応募者が1200名を超えたようです。当日は私も参加させて頂きますので、よろしくお願いします。

 

123456.JPG
 ↑HPへジャンプします

 

このイベントは、NPO日本和装振興協会 主催のイベントです。 まだ申し込みを受付ていますので、お気軽にお申し込みください。

 

 

 

もう1つお知らせです。先ほど KIMONO SUPER?のサイトがオープンしました。
http://www.kimonosuper.jp

 

 

4567890.JPG

 

 

当社のデザインチームが東京と神戸で作業した合作です。

私は、急げ~急げ~ と言うばかりで、マックへ差し入れを買いに行くだけです。

 

きものスーパー オープンまで あと14日

 


2007.10.23 19:07:14 読者の皆さまへ

早速、神戸に来ています。

 

これは、KIMONO SUPER のノボリです。11月8日のオープン時にビルの前に立てますので、これを目印にしてください。

 

image3256111.jpg

 

こういう直営店は初めての試みですので、なにやらワクワクしています。

 

下記は「社長ブログ」に頂いたメッセージです。

 

■お名前:○○○○○  ←個人情報は削除

■メールアドレス:      

■年齢:47才

■質問・感想:いつも楽しみに読ませていただいています。教室のセミナーで見て、気に入ったけど迷って買えなかったきものや帯に、きものスーパーでまた出会えたらと思うとワクワクします。まだ1号店も開店前ですが、早く全国展開してくださいね。首を長くして待ってます!

■読者の声への掲載可否:はい

 

こういうメッセージ、本当に嬉しく思います。やる気が出ます。ありがとうございました。

 

 

さて、会報誌 KOSODE が皆さんに届いたようで、 各イベントの申し込みや個人情報の訂正などカスタマーセンターに電話を頂いているようです。今期最高の受電数と報告を聞いています。皆さんに楽しんでもらえるイベントにしますので、よろしくお願いします。

 

やはり人気は、狂言の夕べ と 20周年記念 です。

 

お申し込みはインターネットからも可能です。皆さんからの沢山のお申し込みをお待ちしています。


2007.10.23 11:19:31 読者の皆さまへ

昨夜は22時に休ませてもらいました。久しぶりによく眠れた夜でした。
しかし、朝から大忙し。メールの返信などで先ほどまで掛かりました。

 

今朝は7時には起きたのですが、すでに我が家は誰もいない。子供たちは素晴らしく早い出発です。

昨夜は、男の子二人が兄弟けんかをしたらしく、それぞれの言い訳を聞きました。子供たちの言い訳は本当に上手です。都合の悪い部分は声が小さくなり、有利な部分は大きくなります。その結果、次男=末っ子 に問題があったと判断し、彼を50分間床に座らせました。思い出しますよね~正座。私も幼い頃よくさせられました。

 

最近、嫌な事件が多く報道されています。幼い子供たちをどう守るのか。これは我々大人の大きな課題だと思うのです。

 

私の部下だった社員が、今年の7月に福祉関係の仕事をしたいと退職しました。15年間私を支えてくれた優秀な部下です。

 

彼は子供たちを育成する仕事を目指していると聞いており、私は個人的に応援したいと伝えましたが、彼は私の申し出を断って来ました。自分の力で私に追いつきたい、と言っていました。

 

私は彼の成功を本当に楽しみにしています。また、いつか彼と仕事したいと願っており、彼のような去り方は、人間として美しいと惚れ惚れしています。

 

忙しいながら清々しい朝に彼のことを思い出しています。「人は人のために生きてこそ人と申す」これは私の好きな言葉です。頑張れ剛!

 

さあ、今から出張です。ココアとミルクに餌をやって出掛けます。


次ページへ »












きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2007年10月
« 9月   11月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM