HOME
[生年月日]
 1962年11月8日
[出身地]
 福岡県福岡市
[学歴]
 福岡大学 卒業
[趣味]
 父親業(2男2女の父)
[好きな作家]
 シドニィ・シェルダン
[経営者として影響を
 受けた人物]
 藤田田、孫正義
[座右の銘]
 人の喜ぶところに栄えあり

日本和装の挑戦 吉田重久
『日本和装の挑戦』
鶴蒔靖夫著
IN通信社発行
>>内容の一部 を見る


Mr.フジイの海外奮奮記
サムライスタッフブログ 男きもの専門店SAMURAI
スタッフブログ

博多やきとり〜よかろう門〜 赤坂にある
博多串焼きのお店です!



このブログに関する
ご質問やご感想を
お寄せください。
» ご質問やご感想

Get Quicktime
2017.12.12 7:59:52 読者の皆さまへ

亡くなった母が、私に手紙をくれる時に、いつも「偉い重久ちゃん」と書いてくれていました。それは、40歳になっても、45歳になっても同じでした。

 

 

こうして寒くなると、いつも母のことを思い出します。

 

 

だれにとっても、母親とは本当に偉大なものだと感じます。

 

 

 

一家の中でも、まとめ役、調整役、だったとも痛感しています。この母がいなくなり、私の兄弟もバラバラです。あの母の訳のわからない理屈は、相当な力だったと痛感しています。

 

 

 

その母が生きていたら、怒鳴り込んで来そうなことをしました。私の趣味の1つであるオートバイの買い替えです。

 

 

FLHTKSE  ANV  115周年記念車

 

 

 

これに乗り、ツーリング仲間のひとり、弊社の顧問弁護士の星野先生と三浦半島まで行って来ました。

 

 

もう20年以上、弊社の顧問弁護士をしてくれています。

 

おっさん2人で写真の撮り合い。<笑>

 

 

 

これを背景にしているつもりです。(富士山)

 

 

 

オートバイは、心身ともに疲れ、よく眠れる遊びです。怖いので、高速でも70キロ〜80キロで走っています。

 

 

 

あー、母が生きていたら、今ごろ「お願いですからヤメて!」と命がけで言われそうです。<感謝>

 

 

安全運転で楽しみます。

 

 


2017.11.29 11:15:48 読者の皆さまへ

今回の出張では、お金のことでトラブルが多いものでした。

 

 

ホーチミンの空港で、City Bankのキャッシュカードでお金を下ろしたのです。お金が出て来ていたのを目で確認していたのですが、その現金を受け取る前に、手元の物を落としてしまい、それを拾っていたところ、出ていたお金が機械に吸い込まれ、結局は戻って来ませんでした。

 

 

銀行に電話したところ、確認はしますが、戻らない可能性があるとのこと。約4万円の損失でした。<涙>

 

 

 

もう1つは、帰国の荷造りをしていた時に、財布に入っていたと思っていた日本円(8万円ほど)がなくなっていることに気付きました。いくら考えても分からず、結局、8万円ほどの損です。

 

 

 

最近、物を置いたまま席を離れたり、少し用心が足らなかったと思っていましたので、合計12万円の損で大難を逃れたと諦めます。

 

 

日馬富士の引退、北朝鮮のミサイル、日本に帰って驚くニュースばかりです。マスコミは、散々報道しておいて、引退するとなると、驚いたー、残念だ、と報道の力を感じます。偉大な横綱を失ったと残念に思います。

 

 

北朝鮮のミサイルは、午前3時頃とのことでしたが、私が乗っていた飛行機は大丈夫だったの?と恐ろしくなりました。平和的な解決を望んで止みません。

 

 

 


2017.11.28 18:29:04 読者の皆さまへ

テレビドラマ「陸王」の最新のものをインターネット経由で見ました。あのドラマは、本当に感動します。

 

 

茂木選手がまた転ばないか?と心配したり、意地悪なシューズメーカーのやりとりなど、次回が楽しみになるドラマです。もちろん、足袋メーカーという点も興味があることです。

 

 

 

必死で製品を作り、それを世に出す。その過程で、色々な人が協力し、たくさんの集団になる。それこそが事業です。小事業家の1人としても同感できるドラマです。

 

 

私も起業して35周年を迎えます。そして、明日29日の終値もしくは最終気配値をもって、私が所有している弊社の株式20万株の分売を予定しています。実施日予定日は、11月30日です。

 

 

正直な気持ちは、大切にして来たものを手放す気持ちです。少し大袈裟ですが、弊社の株式は、私にとってすべてです。21歳で起業し、28歳で結婚、43歳で初の株式公開と、私の時間のすべてを賭けて来ました。

 

 

 

規模を広げるときは、寝食を忘れるくらい各地を移動して多くの拠点を作り、赤字が出れば、断腸の思いで縮小もしました。そして、どうにか同等の利益が出るようになったので、その株式を分売させていただき、もう1つ上のステージに向かう決意です。

 

 

 

最近の金融庁の規制緩和により、発表の中に分売の目的を明記することが出来るようになりましたので、発表させていただいた通りですが、東証一部への指定替えを目指した分売です。

 

 

 

社長、お金が入るじゃないか?と言われそうですが、IPO(新規上場)の時に創業者利益はいただきまして、住宅ローンなど一斉に完済しています。お金の問題ではないのです。私の時間の結晶なのです。

 

 

 

弊社の事業を理解していただける投資家の元へ行って欲しいと願っています。

 

 


2017.11.27 8:59:05 読者の皆さまへ

社員に肩こりを相談したところ、筋を伸ばす器具をもらいました。

 

 

 

 

 

 

こんな感じで、毎晩やっていますが、この効き目が素晴らしいです。

 

 

 

取材を受けていた週刊誌(週刊現代)が、本日発行されました。

 

 

 

 

取材では、正直に言い過ぎたかなーと、ちょっと反省しています。<笑>

 

 

このブログで株価について正直に嬉しいと掲載していたのですが、株価の掲示板(yahoo)にコメントがありました。ありがとうございました。

 

 

 

これから、このブログで気持ちを伝えて行きます。

 

 

日本市場、そろそろスタートです。

 

 

ホーチミンより

 

 


2017.11.25 15:02:08 読者の皆さまへ

弊社の株価が上昇し始めました。

 

 

 

 

正直に”嬉しい”の一言につきます。

 

 

 

社長が、そんな株価のことにコメントすべきではない!と教わりましたが、私は、そんなのは、もう古いと思っています。嬉しいことは嬉しい、悲しいことは悲しい、それで良いと思っています。

 

 

 

 

来年3月の株主総会は、総会の後に懇親会を開催しようと計画中です。軽食と軽いアルコールは?と提案しています。お越しいただいた全員様をご案内できないかも知れませんが、会社を知ってもらう、経営陣を知ってもらう良い機会にできないかと思っています。まだ未定ですが、いまの思いです。

 

 

 

今朝、ホーチミンに到着し、内部監査を実施しています。私は、朝のミーティングだけ出席しましたが、その後のことは、内部監査室長に任せています。

 

 

 

この内部監査室とは、ある意味かわいそうです。社内での上司は私しか存在せず、監査室が来るとなれば、社員から警戒され嫌がられます。領収証の1つまで見られますし、それに問題があれば指摘します。

 

 

 

彼には、誰も理解しなくても、この私がわかっているからな〜と伝えていますが、私の監査も厳しいです。<涙>

 

 

 

 

こうやって、内部統制を効かせて運営しています。

 

 

 


次ページへ »














きもの専門モデルプロダクションMAINSTAGE





経緯のご説明



2017年12月
« 11月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
rss2.0 RSS2.0     atom ATOM